【なぞの転校生】 第4話 感想

中学生になったあすかちゃん、きっと美人さんね。

兄貴の俺が言うのもなんだけどね…結構いけてる。

なんで夢に出てくんのかな?
やっぱりもっと長生きしたかったのかな。


ムー君が、もっと長生きしてほしかったって思ってるからじゃない?

そうかな?
なんかね、実感ないんだよね。
今でも生きてるような気がして。

もういないんだけど。



なぞの転校生 第4話

  なぞの転校生


森の中を少女が走る。

お兄ちゃん、見て見て。こんなにいっぱいチョウチョとれた。

虫かごを差し出す。
中は空っぽ。

あすかは、どんどん走っていく。
僕は不安でいっぱいになる。
行くな、行くな、遠くへ行くな…。

お兄ちゃん…チョウチョが見えないの?

チョウチョなんて見えないよ。

少女はいつの間にか成長していた。
手の平を広げて見せる。

中にはいっぱいのチョウチョの羽…。

チョウチョ、見えちゃダメよ。
お兄ちゃんは、チョウチョ見えちゃダメ。



広一は目を覚ます。


帰りにお花、忘れないでね。

出がけに母が言う。

なに?忘れてるの?

あっ、今日だった今日だった!
お母さんたちは?


お昼にね。
お線香だけあげにいくわ。

もう9年か…あすかが死んで。

8年よ。

8年か。

もう!適当ね。


笑いながら母は言う。


校門を入ると典夫が歩いていた。

おはよう。

声を掛けてから、隣りにみどりがいる事に気付く。

ちょっと複雑な気持ち。

典夫は相変わらず変わっている。変わった事を言う。


この学校の生徒たちはどういうヒエラルキーを構築しているんだ?

なにそれ?

ヒ…ヒアルロン酸?


唐突な質問に目を丸くする愛と大森。


ヒエラルキー。
ピラミッド型の階級構造のことだ。

簡単に言えば上下関係?
生徒会みたいなこと?


まあ、そういうこと。

何が聞きたいの?
生徒会なんて単に生徒会長と副会長と書記がいるだけ。
あとはみんなただの生徒だけど。どうして?


典夫は「ボス」は誰なのかしきりに知りたがる。


生徒会長とはつまり、生徒の支配者なのかい?
特徴としては、背が高くて容姿端麗で筋肉質でスポーツ万能。
女性にもモテて利己的でわがまま。
競争心が強く弱者に対しては差別的…。
なのかい?

なんか、すげぇ偏った解釈だな。

ってか何言ってるかよくわかんない。

こういう支配者には必ずパートナーとなる女子が存在する。それが副会長。
フェロモンを放ち生徒会長を肉体的精神的に独占する。
更にこの副会長の下には直属の部下たちがいて彼らの手足となって働く。

更にその周りには親衛隊たちがいて、上には媚びへつらうが弱者に対しては高圧的で
金を巻き上げたり悪事をしたりする。

その外側にいるのが弱者だ。
マニアックな趣味に走りその世界に埋没することで現実逃避をする。

学校にはこうしたヒエラルキーが存在するようだが、キミたちはどれなの?


偏った典夫の知識にみんな唖然。

この高校のボスっていったらサイゾーじゃない?

サイゾー?サイゾーがこの学校の平和を守っているのか?

いや、逆、逆!サイゾーっていうのは不良のトップ。
生徒会長が表のトップなら、サイゾーは裏のトップ。


裏のトップ?危険そうだな。



サイゾーに会いたいと言う典夫をみんなは止めた。

サイゾーは、この町を仕切っている鎌仲グループの御曹司だ。

大手のゼネコンだけど、中身はヤクザ。
戦後この一帯を仕切ってた牛腸組っていうヤクザグループを壊滅してのし上がった
超武闘派の暴力団。


鎌仲グループには手出ししないのがこの町の掟だった。

典夫は何か考え込み始める。


帰り道、広一はみどりを待ち伏せて一緒に帰った。

ちょっと寄りたいところがあってさ。
つきあってもらっていいかな?


「寄りたいところ」は、みどりの家。


お花ください。

みどりのお母さんに挨拶してそういう広一。


お墓詣りには、みどりも一緒に来てくれた。
お花と線香を供えて手を合わせる。


最近、アイツの夢をよくみる。
夢の中のアイツは昔のままの姿だったり、ちゃんと成長して中学生になった姿だったり。

中学生になったあすかちゃん、きっと美人さんね。

兄貴の俺が言うのもなんだけどね…結構いけてる。

なんで夢に出てくんのかな?
やっぱりもっと長生きしたかったのかな。

ムー君が、もっと長生きしてほしかったって思ってるからじゃない?

そうかな?
なんかね、実感ないんだよね。
今でも生きてるような気がして。

もういないんだけど。



その頃、愛と大森は、典夫に頼まれてサイゾーがいそうな場所に案内していた。

鎌仲グループが仕切っている雀荘。

髪を金パに染め、まだ幼い顔をしたサイゾーは大人と一緒にその中にいた。


公園で才蔵を待ち伏せる典夫。

お前、誰?

山沢典夫といいます。転校生です。

あ、そう。
何やってんの?こんなとこで。

何って…別に。

あっ、そう。

キミは?

別に…。
吸うか?


たばこをワンカートン差し出す才蔵。

タバコだね。未成年は吸ってはいけないものなんじゃないのか?

吸っちゃいけねえよ。俺は吸わねえし。
そもそもタバコは好きじゃねえし。


なら、どうして僕に勧める?

変かな。…なら、チョコ食べるか?

これみんなパチンコで当てたんだ。今日はツイてる。


今度は板チョコを一枚差し出す。
典夫はそれを受け取った。


キミは学校行かないの?

行くさ。時々な。
でも、行っても行かなくてもどっちでもいいんだ。
どうせ勉強わかんねえし…。

親が…この街じゃ偉くてさ。

らしいね。

知ってるのか?

ああ。

どうせ悪い話しか聞いてねえんだろ?

まあ、そうだな。

親父のおかげで高校なんかどこにだって入れる。
親父が見栄張って無理やりいい学校に入れやがったもんだから、勉強はわかんねえし
気の合うダチもいねえし。

キミは学校のボスじゃないの?

みんなからそう呼ばれてっけど自分からそんなもん名乗ったことなんかねえよ。
実は運動も苦手だしケンカも弱いんだ。


才蔵は気弱そうに笑った。


なのに周りのヤツらはみんな勝手に怖がって近寄ってこねえ。
お前は俺が怖くないんだな?


典夫は微笑みを浮かべたような表情で言う。

実は僕はキミを懲らしめてやろうと思って待ち伏せしていたんだけど、
どうやらキミはいい人だ。
人の話なんてホントあてにならないよ。



「懲らしめる」に笑う才蔵。

どうやって?俺に手出ししたら周りが黙ってない。だからやめとけ。
お前、俺とケンカして勝って一番になりてえのか?

そんなものには興味ないが、学校の中の環境をよくしておきたい。


実際に学校を仕切っているのは「冴木小次郎」だと才蔵は言う。

才蔵の唯一の舎弟だった松本を冴木たちはイジメ倒した。
松本は学校の屋上から飛び降り自殺したのだという。

手伝おうか?お前がやるなら俺は手伝うぜ。

いいよ。自分でやる。そいつ何組だい?

…何組だっけな?
だいたい屋上でつるんでる。

屋上か…。
いろいろありがとう。
チョコレートもありがとう。


典夫はチョコレートを持ってそのまま去って行った。

才蔵は変わった転校生の後ろ姿を見送る。


冒頭の森の映像から、もう何だか…別世界なのだ。
テレビドラマを見ている気がしない。

声が広一の声だと気付けば、その瞬間にこの少女はこの世の人ではないのだと気付くから、
そう思っただけでもう何故か泣けてくる。

セリフがなくても伝わる映像力の凄さ。

霞んだ森、蝶の羽、花束…モノリスの光。


典夫は「世界」の男から「モノリオ」と呼ばれていた。
世界との通信時間は限られている。

典夫にとって、絶対なのは王妃と姫。

典夫の「世界」には絶対的な階級があるらしい。

広一の「世界」は、もはや社会的な階級は表向き失われた世界だ。
私たちが住むこの世界と同じ。

決められた階級ではなく、漠然としたスクールカーストのような物が存在する。
その区別は典夫にはつかない。

典夫はただ、姫を招きたい環境を整備しておきたいだけらしい。
いずれは、みんな自分の姫にひれ伏す事にならなければいけないのだから…。


しかし、みんなに言われた通りに会ってみた「ボス」は、全くボスではなかった。

壊れそうに繊細な心。
優しくて幼い笑顔。

こんな「ボス」もいる事を典夫は知る。

そして、紹介された「冴木小次郎」は秩序も礼儀もない本物の悪鬼だった。


屋上から突然突き落されて仰向けに落下する典夫。


地球程度の重力じゃ壊れないよ。
それにこんな距離たいしたことない。


起き上がってスタスタ歩いて行く典夫の後ろ姿を見送りながら、屋上を仰ぎ見る
冴木の取り巻きの咲和子。

ラストのワンカットにゾッとする。


まるで夢のような世界だ。

ショパンの調べと共に流れる甘美な夢から、突き落される悪夢。

典夫の「世界」には、きっともっと凄い悪夢が蔓延っているのだろう。
屋上から突き落されるくらい何でもないような悪夢。



ある朝、不思議な夢で目覚めた岩田広一(中村蒼)は、母・君子(濱田マリ)の言葉から
今日が妹のあすか(立川杏湖)の命日であることを思い出す。
その頃、山沢典夫(本郷奏多)は、モノリスでなぞの男(中野裕太)と話をしていた。
通話後、典夫はとても悔しそうで…。
その後、学校のボスを広一たちから聞き出した典夫は、その人物・鎌仲才蔵(葉山奨之)を
待ち伏せするのだが…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2014年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

岩田広一…中村蒼
なぞの少年…本郷奏多

香川みどり…桜井美南
江原正三…ミッキー・カーチス
大谷先生…京野ことみ
岩田君子…濱田マリ

岩田亨…高野浩幸
大森健次郎…宮里駿
春日愛…宇野愛海
鈴木拓郎…戸塚純貴
太田くみ…椎名琴音
小川玲子…福地亜紗美
和田えみか…岩崎優里菜
戸塚肇…川籠石駿平
丸山隼人…黒木辰哉
鎌仲才蔵…葉山奨之
冴木小次郎…碓井将大
咲和子…樋井明日香
前川克也…芹澤興人
岩田あすか…立川杏湖

なぞの少女…杉咲花
なぞの男…中野裕太

みどりの姉…市川沙谷香
高校の警備員…清水洋介
体育・二階堂先生…加藤玲子


※スタッフ

企画プロデュース・脚本 … 岩井俊二
監督 … 長澤雅彦
音楽 … 桑原まこ

原作 … 「なぞの転校生」眉村卓

主題歌 … 「今かわるとき」桜井美南・ED「DREAM」清水翔太
      

公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/nazono_tenkosei/




【送料無料】なぞの転校生 [ 眉村卓 ]

【送料無料】なぞの転校生 [ 眉村卓 ]
価格:609円(税込、送料込)






「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【 なぞの転校生 】第1話 2話 3話 第4話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • ゆったりと・・
    2014年2月4日 1:05 PM

    『なぞの転校生』 中村蒼 本郷奏多 桜井美南「今かわるとき」 清水翔太「DREAM」

    何故だか、すっかりはまっている。
    こういうドラマもいい。
      中村蒼、本郷奏多さんは、知っていたけれど
      女の子、桜井美南さんは余り知らない女優さんでしたが、、可愛い~。

  • shaberiba
    2014年2月3日 4:09 PM

    第4話 「学校の支配者」

    「トゲアリ」って知ってる?トゲアリは 自分たちで巣を作らない。
    女王は単独で行動し大黒アリの巣に入り込み 女王蜂をかみ殺し
    そのコロニーを我がものにするんだ。・・・いや、ちょっと違うか。
    例えがわるかった------。」

    この学校の「ヒエラルキー(階級)」について問う典夫に
    そんなものはない――という広一。
    しかしこの学校の裏ボスは鎌仲組の息子「才蔵(葉山奨之)と知った典夫は…

  • くう
    2014年2月3日 1:06 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >今回も腹6分目くらいでエンディング。食べ足りないですねぇ。

    ですよね!毎回、もう終わり?と思いますわ。
    CMがこれほど邪魔に感じるドラマもそうありません^^;
    ずっと浸っていたいドラマですね。

    >エンデイングもしっかり変えてて、最後は典夫かと思ったら、不思議の森の少女2人でした。良い意味で裏切られました。もう最後まで目が離せませんね。

    そうそう、前回そうおっしゃっていたのでEDに注目しました。
    確かに変わっていますよね。
    サイゾーと冴木も前は出ていなかった気が~…。
    凝っていますよね。そして人物の映し方もキレイ。
    このドラマに出ている役者さんはみんな美しく撮られて幸せだなぁと。

  • 隠れ常連
    2014年2月2日 5:19 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは
    今回も腹6分目くらいでエンディング。食べ足りないですねぇ。
    最初から映像美全開で、心をわしづかみです。初回の黄昏時の空もきれいでしたが、今回の深遠な森の映像も、管理人さんのおっしゃるようにドラマとは思えない美しさでした。
    エンデイングもしっかり変えてて、最後は典夫かと思ったら、不思議の森の少女2人でした。良い意味で裏切られました。もう最後まで目が離せませんね。
    来週はかなり急展開しそうで、何回も次回予告を見直してしまいました。楽しみです。

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2014年2月2日 8:33 AM

    なぞの転校生 (第4話・1/31) 感想

    テレビ東京ドラマ24『なぞの転校生』(公式)
    第4話の感想。
    なお、眉村卓氏の原作小説は40年近く前に既読。また、NHK『少年ドラマシリーズ』版(1975年放送)も鑑賞済み。

    ある朝、広一(中村蒼)は「あすか」と呼ぶ小さな女の子といる不思議な夢で目覚める。広一は君子(濱田マリ)の言葉から今日が妹のあすか(立川杏湖)の命日だと思い出す。そのころ、モノリスで謎の男(中野裕太…

  • キッドのブログinココログ
    2014年2月2日 4:11 AM

    緑の森を飛翔する幻の蝶と夢の中のヴィーナスと屋上から落下する高校生(樋井明日香)

    私事で恐縮ですが・・・一週間くらい・・・アクセス・カウンターが2629000と2630000の間を行ったり来たりしている・・・悪夢かと思ってココログにコメントを寄せている人たちの意見を見てみると・・・。 「昨日はカウンターが1083222だったのに何で今は1083179なの?」 「やれやれカウンター