【リーガルハイ】(2期) 第9話 感想

死刑にしましょう。

現場での目撃証言はあやふやだけれど死刑にしましょう。
被告人の部屋から押収された毒物が犯行に使われた物かどうか確たる証拠はないけれど
死刑にしましょう。
現場に別の毒物らしき瓶が落ちていたという証言があるけれど、気にしないで
死刑にしましょう。

証拠も証言も 関係ない。
高級外車を乗り回しブランド服に身を包み、フカヒレやフォアグラを食べていたのだから
死刑にしましょう。

それが民意だ。
それが民主主義だ。
何て素晴らしい国なんだ!



リーガルハイ 第9話

     リーガルハイop

※毎度のことですが~長いです。
筋はいらね~という方は、ズズッと下の方の感想からお読みください…。
一応、あらすじの間にもツッコミ程度の感想が入っているけどね。




「お待ちください!貴和さまをお助けください!お願いでございます」

追っ手に必死に頼む町娘・真知子。

「罪人から離れろ!さもなくば切り捨てる!」

剣の達人は上さま…じゃなくて、醍醐さむらい。

「離れませぬ!斬るなら私もろともお斬りください!」

その時、木陰から面をつけた侍が現れた。
あれは…桃太郎侍!!

「1つ。人よりよく喋る」
「2つ。ふらちな弁護活動」
「3つ。醜い浮世の鬼も金さえもらえりゃ無罪にしちゃう」

「人呼んで…」



「横分け侍!」

「ここで会ったが百年目。最後に勝つのは拙者でござる」

「まだ懲りぬか。成敗してくれる!」

その時、突然現れたくのいち。
「くのいち吉永慶子!」

バッサリ斬られて……

ベッドから落ちて目が覚め、腰を痛める古美門先生であった。


また悪夢を?
腰を診てみましょうか。

かたじけない。



安藤貴和裁判目前。
面会する古美門先生と黛くん。


「高級ブランド品に身を包み高級外車を乗り回し好物のフカヒレやフォアグラに舌鼓を打った」
『悪魔の女 安藤貴和』
大ベストセラーだそうだよ。

おかげで君の死刑を支持する声は、ますます盛り上がってる。


『悪魔の女 安藤貴和』を見せて呆れたように笑う古美門先生。

安藤貴和は、相変わらず派手なピアスをつけて派手なドレスをまとい、あんまり…
拘留生活に不自由していないもよう…。


悪魔か…。
最初に私をそう呼んだのは母よ。
中学生のとき、母の再婚相手が私に色目を使うようになって。
そのころから分かってたわ。
私には男をとりこにする才能がある。
才能を生かして生きていくんだって。


そんな昔話から入り、最後に「悪魔」と呼んだのは徳永光一郎の娘だったと言う。

だから2人とも毒殺した。
毒物は川に捨てた。

と、茶化した感じで明るく喋る。とても真実とは思えない。


「吉永慶子」とは誰ですか?

昔お世話になった知り合いのおばさん。

罪を認めるよう言われたんですか?

「素直に認めれば死刑にならないんじゃないか」って。
懲役で済むなら最悪それでもいいかなって。



懲役にはならない。
世間が「君をつるせ」と大合唱してる。
死刑は既定路線だ。君の証言などもう関係ない。
死刑か無罪かだ。
そして無罪にできるのは私だけだ。



最高裁では安藤貴和が証言する事はない。
だから、以前のように突然爆弾を落とされる危険もない。

しかし、問題は引っくり返すだけの手が何もなく、しかも世論が圧倒的に「死刑」に
向かって動いていることにあった。


これまで上告審で死刑判決が覆って無罪になった例なんてないに等しいんですよ。

打てる手を全て打つ。
あとは公判で私と敵の検事のどちらが勝つかの一発勝負だ。


そんなイチかバチかのギャンブルみたいなこと…。



雑誌に書きたてられている古美門評価が大下落していることが、今の古美門弁護士の
一番の関心事のようだった。


無罪を勝ち取って勝率を100%に戻し、不敗神話を取り戻す。
これは私の戦いだ。

…結局、自分のためじゃないですか。



古美門事務所ではマスコミを集め、安藤貴和に対する世論を覆すべく「プロパガンダ作戦」
を行った。

誤解を受けやすい人なんです。
実際に接してみると本当の彼女は素直で心根の優しい女性だと痛感します。
間違ったイメージが独り歩きしてるんです。
ねっ黛君。

……はい…。

われわれは決して雇われているから弁護してるわけではありません。
ただひたすら正義と真実を求めているにすぎません。
ねえ黛君。

……はい…。


しぶしぶ意に染まぬ「はい」を繰り返す黛くんであった。
帰りには集まった記者にお足代の封筒を渡す蘭丸くんと服部さんの姿が…。

中身は何と10万円


もろ買収じゃないですか。

大手マスコミには完全に無視されてしまいましたので。

金で転ぶような記者しか報じてくれないんだよね。



このやり方に不満露わな黛くんである。


そういう君こそ少しは成果を挙げたのか?

はっ?

情報を盗んだのかと聞いてるんだ。

何の話ですか?

「NEXUS」に移籍した理由を忘れたのか?

それは「NEXUS」の理念に共感…。

違う~!
本件の担当検事だった羽生と本田は捏造を知ってる可能性が高い。
やつらの懐に潜り込んで何らかの情報を盗み取るためだろうが。

…初耳です。

今からでもやれ。

特に羽生はあの性格だ。
良心の呵責を感じて誰かに打ち明けたがってるかもしれない。
「無い色気」を最大限に使ってやつを落とせ。



しかし「無い色気」は、やはり発揮できなかった。

胸元のボタンを開ければ「閉め忘れてる」と言われ、すり寄って行けば「具合が悪いの?」
と、言われてしまう黛くん…不憫。

ってか、羽生くんって全然、黛くんの事を好きな感じじゃないよね…。
やっぱり黛くん狙いだったわけじゃないんだ。


結局何の役にも立たないやつだな!

すいませんね!

先生。公判期日が決定いたしました。


と、いつものように情報をもってきてくれる服部さん。


担当は第三小法廷でございます。

ということは、判事は弁護士出身が2人、検事出身が1人、裁判官出身1人に学者出身1人か。
……検事出身が邪魔だな。



いよいよ、当日。

最高裁の前は「悪魔!」「安藤貴和 死刑!」の看板持ったブーイングコールの
集団で溢れている。

1人10万も出した「プロパガンダ作戦」は何の功も奏さなかったらしい…。

最高裁は初めてなので緊張する黛くん。

ただ、じいさんばあさんがほうじ茶を飲みながら老眼鏡で書類を読んで判子を押してる
だけの一役所にすぎない。蹴散らすぞ!


…と言いながら、右手と右足を同時に出す古美門先生。

充分緊張してるやん…。


傍聴券が手に入ったという羽生くん。

応援してます。頑張ってください。

いつものように、人懐こくそう言って来るが…当然、相手にしない古美門先生である。

まぁ…相手に出来ないほど緊張してるんだけど。

その上、検察側はあの宿敵・醍醐検事である。

法廷に現れた醍醐検事に向かって、上着の前をバッと開けて裏を見せる2人…。

えっと…裏側にはホッカイロがベタベタ貼ってあるのだった。
低温やけどするぞ、おい。

もちろん、醍醐検事が振りまくシベリア風対策である。
しかし相変わらずゲホゲホ咳して不健康そうな検事だよ。


開廷。

あれ?4人だ。判事が1人足りない。

裁判長と並ぶ判事たちの1つが空席だ。


検察出身の野村正武判事がいらっしゃらないようだね。

検察出身者がいなくなるのは私たちには有利ですけど…。

おそらく悪い物でも食べて体調を崩されたのだろう。

…まさか先生…!


うん…。
その「まさか」は実行されている気がするぅ~。


最高裁判事の皆々さま。
検察が提出した証拠は全て間接証拠にすぎず、直接的に被告人を犯人だと
証明するものは何一つないのが実情です。
しかも被告人は一貫して犯行を否定しております。

しかし、二審では被告人質問で罪を認めていますね?

自暴自棄になってしまったんです。


長い拘留生活で安藤貴和がどんなに憔悴し、疲れ果て、食事もできず精神まで
病んでいるのかを各種証明書を提出しながら説明する古美門先生。


しかし、当然、そんな嘘はすぐに覆されるのであった。
…だって…嘘以外の何物でもないもんね。

検察はこの点についてのご意見は?

まず、被告人が衰弱してるというのは誤りです。
肉体的にも精神的にも極めて健康です。
それどころかあまりの好待遇に他の被収容者から苦情が出てる始末。


苦情を提出する醍醐検事。

そもそも検察としては、被告人の証言に重きを置いておりません。
あらゆる証拠を積み上げ、客観的に証明してまいりました。

あらゆる証拠とは何を指しているのでしょうか?

被告人の住居から発見された毒物。近隣住民による現場での被告人目撃証言。
その他もろもろです。

被告人の家から出た毒物が、なぜ犯行に使われた物と断定できるのでしょうか?


やはり…この裁判は、毒物がどうなったのかがポイントになるようである。

成分が一致してる毒物ならば、別のルートでも出回っています。
東南アジアの闇業者が調味料に偽装して密売している青酸化合物です。
インターネットでごく簡単に手に入りました。


そんな物がネットで手に入っちゃうんだ。恐いぞ、ネット…。
ネットで手に入れたという薬物の瓶を見せる古美門先生。
以前見た安藤貴和の家から出てきたと言う瓶とは形も大きさも全く違う。

それに対し、醍醐検事は、古美門先生が持っている毒物に対してもすでに成分も
検証済みだと言うのだった。

成分は殺人に使われた毒物とほぼ同じ。
だから、ネットで買った物が使われたとは実証できない…らしい。

この辺から古美門先生の様子が徐々におかしくなってくる。

売人・土屋秀典も「被告人に売った」と証言している事実を踏まえると、被告人の
犯行に疑う余地はありません。


醍醐検事の弁論を聞きながら、負けた時の苦しい裁判状況を思い起こしている様子…。
汗もすごく、身体も震えている。

黛くんが代って弁論し始めたが、醍醐検事に反論されまくって歯が立たない。


やがて、古美門先生は突然、

検察の捏造に決まっています。
あの女がそんな簡単な証拠を残すわけがないんです。
何度も貴和に逃げられて今度こそ仕留めないと検察の沽券に関わる。
だからでっち上げたに決まっています。


と、ベラベラ喋り出す。
必死で止める黛くん。


古美門先生。
あなたはこれまで駆け引きや弁論技術時に策謀をもって裁判に勝利する手法を
とってこられた。
だが、ここでそんなものは通用しない!
裁判はゲームではないのだ。

罪を犯した者は償う。
時には命をもって償わねばならないときもある。
それが、この社会でまっとうに生きる人々の民意だ!


醍醐検事の弁論に傍聴席から大きな拍手が沸き起こり、裁判長が止める中…

急に立ち上がりフラフラとドアに向かって歩く古美門先生。


先生?

もう帰る。

待ってください。

うるさい放せ!
こんな所にのこのこ出てきた僕がバカだった。
どいつもこいつもお父さんに言い付けてやる!
僕のお父さんは偉いんだ!お母さんに迎えに来てもらおう。
そしてデパートのレストランでプリンアラモードを食べてから屋上の観覧車に乗っ…。


先生?!
先生!


高熱を出してパッタリ倒れた古美門先生は、そのまま病院へ運ばれてしまうのだった…。


ここまで見て…
まぁ、これは古美門先生の芝居で、何かしらの考えがあってやってるんだろう…
と、視聴者的には思うわけなのだが…。

黛くんが羽生くんと一緒に事務所に戻ってみると、古美門先生は茶色い毛布を頭から被って
ブツブツ何かつぶやいている。

手に負えないといった感じの服部さんと蘭丸くん。


心的外傷?

一種のPTSDのようなものじゃないかと。
極度の緊張とプレッシャーの中で負けた相手を目の当たりにしたことで敗戦トラウマが
発症したんだと思われます。

スカイドン、シーボーズ、ザラガス、ジェロニモン…。

あれ? 何かぶつぶつ言ってるよ。

ベムラー、バルタン星人、ネロンガラゴン、グリーンモンス…。

ああ。これは…ウルトラ怪獣を登場順に羅列してるようですな。

服部さんも詳しいっすね。

たわいのない取りえでございます。

幼児返りは心的外傷の症状の1つだ。

元から幼児みたいな人じゃない。

で、これ、どうすりゃいいわけ?

今は当分、裁判から遠ざける必要がありますな。



ソファの上で体育座りしている古美門先生に声をかける黛くん。

先生…先生!

あっピグモン。

黛です。



うん…ボケる余裕がある。


裁判、頑張りましょう?

裁判?

そうです。醍醐検事を倒して貴和さんを助けましょう。

もう無理だよ。

そんなことありませんよ。
先生ならきっと勝てます。

無理だって。
僕みたいな何の取りえもない無能な最低くそ野郎に勝てるわけないよ。


先生は素晴らしいですよ。
1億円稼ぐんでしょ~?
高速何とかやってもらうんでしょ?



それじゃ、お母さんだよ…いや…お母さんにしては言ってることは変だけど。


無理やり引っ張ろうとすると駄々をこねて泣き出し、ますます深く毛布を被る古美門くん…。
う~ん…その姿がピグモンに似てるんすけど。


仕方なく、黛くんは1人で活動する事になった。
まず安藤貴和の元へ行くと、散々なじられる。

裁判官たちの所に行き、公判の再開を願い出る。

もう、公判を再開する必要がないと言う判事たちを説得するためには重要証拠を
提出しなくてはならなくなった。


その間、世間では新聞各紙からニコニコ動画まで、色んなメディアが「悪魔」を弁護する
古美門先生と黛くんを叩きはじめ、事務所には「金の亡者の弁護士死ね」
「悪魔の手先 コロス」というFAXも送られ刃物も届き石が投げ入れられるという…

とても恐ろしい状態に。

ここへきて、ついに黛くんは羽生くんの元へ。


検察は不正をしたんじゃないの?
あなたはそれでいいの?
守秘義務や職務規定より大事なものがあるんじゃない?

私が知ってるあなたは、いつだって弁護士としてじゃなく一人の人間として
自分の信念を貫いてた。
時には ルール違反をしてでも、みんなを幸せにするために行動してきたじゃない。


羽生くんはどんな覚悟もできているという黛くんを見て、ついに1枚のメモを渡す。


大事なメモをうっかり落としたのは僕のミスだ。

そこに書かれていたのは「優慶大付属小学校 給食センター 江上順子」


江上順子。
彼女は、元徳永家の家政婦であり、事件の第一発見者であった。

退勤時間を狙って、何度も江上に証言を頼みに行く黛くん。

全部話しましたから。

話し忘れてることはありませんか?

何も隠してないならどうして私を避けるんですか?

あなたがあの女の弁護士だからよ。

「吉永慶子」…。

ですか?

何、言ってんの?訳わかんない!


悪魔の女を死刑台に送る手伝いができて満足ですか?
徳永家をめちゃくちゃにした貴和さんを恨んでいるのは分かります。
でも間違った証拠で死刑が執行されたら、あなたは一生十字架を背負いますよ。
あなたが死刑のボタンを押すんです。
その手で子供たちに給食を作り続けられるんですか?

協力してくだされば、ご主人が会社のお金を使い込んで請求されている多額の
損害賠償奇麗にするお手伝いをさせていただきます。


すごい…黛くん。
言っていることが、ちょっと古美門っぽくなってる

しかし、この手のおかげで、新証言を取る事が出来たのだった。


獲得しましたよ。江上順子ですよ!
なかなかの爆弾です。


古美門事務所に電話連絡を入れている所に、前から「安藤貴和を死刑に」を
掲げているらしい危険な団体がやってくる。

マフラーで顔を深く隠したが、若者の1人が黛くんを安藤貴和の弁護士だと気付いてしまった

走って逃げだす黛くん……。


はい。古美門法律事務所でございますが。
はっ!? 黛先生が?


病院から連絡を貰って、古美門事務所のメンバーは駆けつけた。

ベッドの上に頭に包帯を巻いて顔に傷を作った痛々しい黛くんが横たわっていた。

集団で暴行を受けて意識が戻らない…という話を聞いて、古美門先生の表情が
悔しそうに歪んでいく…。


古美門先生。僕のせいかもしれません。
僕が情報を渡したから…。


悲痛な表情の羽生くん。

やらせたのは私だ。
マスコミに 大々的に報じさせろ。

どこへ?

弔い合戦だ!



うん…とっても悲惨で真面目な展開…。
音楽もずっと感動系が流れ続けています。

そ…それでも~…なんか、信用できない…と思ってしまうのは、リーハイ病

ついに、法廷は再開された。


大変異例にもかかわらず、証人への尋問を許可してくださり感謝申し上げます。

徳永家の元家政婦にして事件の第一発見者、江上さん。
警察の取り調べに対し、こう証言していますね。
「いつものように勝手口から入り、その日は資源ごみの日だったので台所の瓶や缶類を
ごみ集積所へ運び、リビングへ行くと光一郎さんとさつきさんが倒れており、慌てて
救急車を呼んだ」。

はい。

抜け落ちている証言はありますか?

はい。

おっしゃってください。

資源ごみを捨てる際、台所に見たことのない変な瓶が落ちていたんです。
外国の 調味料か何かだと思い、そのまま捨てました。


警察にそう証言したんですか?

はい。
でも事件には関係のないことだと…。


ちなみにその瓶とはこれですか?


例のネットで手に入れたという毒物の瓶を見せる古美門先生。


とてもよく似ています。

これととてもよく似た瓶が犯行現場に落ちていたそうですよ。
醍醐検事。

真犯人は毒物を犯行現場に放置して去っていったのであり、被告人の部屋から発見された
物は事件とは無関係なんじゃありませんか?

その資源ごみを警察は?一切回収できていません。
すでに収集され手遅れだったものと思われます。

つまり警察と検察は証拠の確保に失敗したのです。

江上さんありがとうございました。


事件当夜、現場付近で被告人は多くの人々から目撃されています。
証拠と証言、総合的に考慮すれば結論に疑う余地はありません。



「証言、石井由美」
「買い物から帰宅し家に入ろうとしていたところ、徳永家の勝手口から安藤貴和が
出てくるのが見えた」

実験結果は提出した資料のとおりです。
石井家の玄関から徳永家の勝手口は電柱が邪魔で見えません。

検察の実験結果とは異なりますし、信用性の高い目撃証言が実に多い。


フッ。

と、笑う古美門先生。


何か?

多過ぎますよ。
普通は目撃者などそうそういるものではない。

恵まれました。

「藤野真希子」
「夕食の支度をしながらふと窓の外を見ると徳永家の勝手口から安藤貴和が出てくるのが
見えた」
「川辺好美」
「日課の犬の散歩をしていたところ、徳永家の勝手口から安藤貴和が出てくるのが見えた」

よくもまあ、ピンポイントで安藤貴和が出てくるところを見るものです。
この地域には、5分に一度は徳永家の勝手口を見ることにしましょうという条例でも
あるんでしょうか?

どなたも証言には自信を持っており、偽証してるとは考えにくい。

そりゃあ、自信を持ってるでしょう。
徳永家の勝手口から出てきたのがたとえ『突撃!隣の晩ごはん』のヨネスケであったとしても
「安藤貴和」に見えたに違いない。

みんながそれを望んでいるから。

人は見たいように見、聞きたいように聞き、信じたいように信じるんです。
検察だってそうでしょう?

侮辱だな。

ええ。侮辱したんです。
証拠によってではなく、民意に応えて起訴したんですから。

われわれは公僕だ。
国民の期待に応えるのは当然だ。


愚かな国民の愚かな期待にも応えなければならないんですか?

愚かですか?

ええ。愚かで醜く卑劣です。

傲慢極まりない。
私は素晴らしい国であり、美しく誇り高い国民だと思っている。



逸脱した議論を勝手に進めないで。


当惑し、2人を制する裁判長。

しかし、学者出身の判事によってそれは止められた。


美しく誇り高い国民が、証拠もあやふやな被告人に死刑を求めますか?

本件の場合、有罪であるならば極刑が相応しい。
わが国においてそれは「死刑」だ。


生命はその者に与えられた権利です。
それを奪う者は例え国家であっても人殺しです。

あなたが死刑廃止論者だとは意外だな。

いいえ~。反対じゃありませんよ。
目には目を歯には歯を殺人には殺人を。
立派な制度だ。
ただ、人知れずこっそり始末することが卑劣だと言っているだけです。

白昼堂々と殺せというのか?

そのとおり。
青空の下、市中引き回しの上はりつけ火あぶりにした上でみんなで一刺しずつ
刺して首をさらし、万歳三唱した方がはるかに健全だ。

だが、わが国の愚かな国民は自らが人殺しになる覚悟がないんです。
自分たちは明るい所にいて、誰かが暗闇で社会から消し去ってくれるのを待つ。
そうすればそれ以上死刑について考えなくて済み、この世界が健全だと思えるからだ。
違いますか?

仮にそうだとしても、それもまた民意だ。

民意なら何もかも正しいんですか?

それが民主主義だ。

裁判に民主主義を持ち込んだら司法は終わりだ。

果たしてそうかな?

法は決して万能ではない。
その不完全さを補うのは何か…。
人間の心だよ。

罪を犯すのも人間裁くのも人間だからだ。

多くの人々の思いに寄り添い、この法という無味乾燥なものに血を通わせることこそが
正しい道を照らす。
裁判員裁判はまさにその結実だ。

そして本件において人々が下した決断は、安藤貴和は死刑に処されるべきというものだった。

愛する家族と友人と子供たちの健全な未来のために。
これこそが民意だ。



拍手喝采する傍聴席…。
もはや「民意」は醍醐検事と一体になっているようにさえ見えた。

興奮したような傍聴席を沈める裁判長。

しかし、古美門先生は冷静だった。
冷静に笑った。


素晴らしい!
さすが 民意の体現者、醍醐検事。
実に素晴らしい主張です。

いいでしょう。死刑にすればいい。
確かに安藤貴和は社会をむしばむ恐るべき害虫です。
駆除しなければなりません。



傍聴席の女性を次々と指さす古美門先生。

次に寝取られるのはあなたのご主人かもしれませんからね。
あなたの恋人かも知れないし、あなたの父親かも知れないし、あなたの息子さん
かも知れない。


そして、醍醐検事を指さす。

あるいはあなた自身かも知れない。

死刑にしましょう。
現場での目撃証言はあやふやだけれど死刑にしましょう。
被告人の部屋から押収された毒物が犯行に使われた物かどうか確たる証拠はないけれど
死刑にしましょう。
現場に別の毒物らしき瓶が落ちていたという証言があるけれど気にしないで死刑にしましょう。

証拠も証言も関係ない。
高級外車を乗り回し、ブランド服に身を包み、フカヒレやフォアグラを食べていたのだから
死刑にしましょう。

それが民意だ。
それが民主主義だ。
何て素晴らしい国なんだ。

民意なら正しい。
みんなが賛成していることなら全て正しい。
ならばみんなで暴力を振るったことだって正しいわけだ。
私のパートナー弁護士を寄ってたかって袋だたきにしたことも民意だから正しいわけだ。



いつしか、古美門先生の顔は怒りで覆われていた。
泣いているのかとも思えるその表情。


冗談じゃない…。

…冗談じゃない!

本当の悪魔とは巨大に膨れ上がったときの民意だよ!
自分を善人だと信じて疑わず、薄汚い野良犬がどぶに落ちると一斉に集まって袋だたきに
してしまうそんな善良な市民たちだ。

だが、世の中にはどぶに落ちた野良犬を平気で助けようとするバカもいる。
己の信念だけを頼りに危険を顧みないバカがね。

そのバカのおかげで、今日江上順子さんは民意の濁流から抜け出して、自分の意思で証言を
してくださいました。
それは江上さんたった1人かもしれませんが、確かに民意を変えたのです。

私は、そのバカを…誇らしく思う。


民意などというものによって、人一人を死刑にしようというのならすればいい。
しょせんこの一連の裁判の正体は嫌われ者を吊るそうという国民的イベントに
すぎないんですから。

己のつまらない人生の憂さ晴らしのためのね。
そうでしょう?醍醐検事。



裁判官の前に立つ。

あなた方5人は何のためにそこにいるんです?
民意が全てを決めるなら、こんなに格式ばった建物も権威づいた手続きも必要ない。
偉そうにふんぞり返っているじいさんもばあさんも必要ない!

判決を下すのは断じて国民アンケートなんかじゃない。
わが国の碩学であられるたった5人のあなた方です!

どうか司法の頂点に立つ者の矜持を持ってご決断ください。

お願いします。

数々の無礼、お気を悪くされたかもしれませんが、しょせんは金の亡者で嫌われ者の
どぐざれ弁護士のたわ言です。
どうかお聞き流しください。

以上です。



   ※※※


古美門先生の弁論が素晴らしすぎて泣きそうだった…。

「民意」とは一体何なのだ。
誰かに先導された正論が独り歩きして「民意」になる。
私たちはそういう体験を山ほどしている。

特にネットの情報の危険さ…。

インターネットが一般に普及してから、確かに私たちは以前よりも多くの情報を
手にすることができるようになった。

その中には確かに、今まであやふやに報道されてきたことや、テレビ・新聞のメディアでは
報道されないような真実もあった。

けれども、それが全て正しいと言えるかどうかは誰にも解らない。
自分の目で見て自分自身で確かめない事は何も真実だとは言い切れない。

しかし、私たちの多くは自分の足や手で確かめずに情報を鵜呑みにする。
あいつが悪なのだと言われれば、それに乗る声が高まり、多数が真実になってしまう。

集団心理は時に暴力だ。
一度指さされた人間…あるいは「何か」の名誉回復する事は難しい。
先入観ほど恐い物はないのですよ。

だからと言って決して考えない人になってはならない。
情報を鵜呑みにせず、他人に流されず生きていく…。
それもまた大変な生き方。


古美門先生は身近な人間が多数の暴力に遭った事で、初めて「仕事」を逸脱した、
感情を持った弁護士になった。

これもまた、成長なのかしら…。

ただ、そのどれが芝居でどれが本当かは解らないのだけれども。


結局、黛くんの意識不明は芝居だった…らしい
古美門先生のPTSDも芝居だった…らしい


だまされやがって、愚か者め!

気付いてましたよ!
気付いた上で乗ってあげたんじゃないですか。だまされましたね!


君が気付いてることも気付いた上でやっていたんだ愚か者め!!

先生が気付いていることに気付いてることも気付いた上で乗ってあげたんでしょうが!

君が気付いていることに気付いてることに気付いている…。



気づいている気づいている……を延々と繰り返す師弟であった……LOVEだね。


裁判の判決は「原判決および第一審判決の破棄」

裁判は異例の東京地方裁判所への差し戻しになった。


判決を覆したんです。
歴史的勝利です!


と、大喜びする素直な黛くん…。

しかし、古美門先生の方は裁判の行方よりも自分の負け星を取り消すことの方が
大切なのであった。


念のために申し上げておきますが、原判決破棄ということは私の敗戦も奇麗に
無かったことになったわけです。
つまり、私は今も無敗。
あなたが私に勝ったという事実もなくなりました。

どうでもいいじゃありませんか。

よくない!
今後あなたが私に勝ったことがあるなどという虚言を吹聴した場合は、明らかな
名誉毀損ですのでそのおつもりで。

もちろん。
…私はあなたに勝ったことなど一度もない。



うつむいて、あきらめたように笑う醍醐検事だったが…。

ここからは、また、最終回に向けて暗転する今回…。


あなたに勝った人間がいるとすればそれは私ではない。

本当の敵は敵のような顔をしていないものです。



そして、黛くんは気づくのである。

羽生くんから渡されたメモの「優慶大付属小学校」と「吉永慶子」。
この「慶」の字の間違えが同じである事に。


全て希望どおりに手配しておいたよ。

ありがとうございました。
無理を申し上げすいません。


差し戻し審は君たちが担当になるだろう。
きっちりやりたまえ、人たらし。



醍醐検事に挨拶する黒い羽生くん…と、本田。

「吉永慶子」は本田だったのか……。
(…ぇ…羽生くんが女装していたわけじゃないよね…)


サウジアラビアにこういうことわざがある。
「乗っている人間がラクダを操っているように見えても、
   実はラクダが人間を導いているのだ」



悪魔のような笑顔だわ。
うん…岡田将生、本領発揮。

って事は『NEXUS』は古美門先生に対する隠れ蓑で、また検事に戻るって事かい。
これじゃ、磯貝さん、ただの道化やん…。

全然 LOVE&PEACE じゃないね~。


本当の敵は敵のような顔をしていない…。
私が負けた相手は、あいつだ。



すっごく真剣に終わったのであった…。


今回の裁判は、第1シーズンから今回にかけての総まとめでもあったよね。

黛くんが大怪我のふりをしていたのは、第一期・第10話で古美門先生にがん患者にされた
復讐とも言えるし、「誰にも責任を取らせず見たくないものを見ず」生きていく国民については、
あの長い名台詞で有名な第一期の「南モンブラン市」裁判でも言われていた事だし、
アンケートの結果が真実ではない事は先週の「奥蟹頭」で語られたばかりだ。


こんなにまとめられちゃうと、もう第3期はないのかと不安になっちゃう…。


来週、いよいよ最終回……。
24分延長だって。1時間延長してもいいのに

「真実はいつもコメディ」
見せていただきましょう。
三木先生の復活も楽しみ



※今回は法廷を出る時の醍醐検事と付き添い検事の会話がツボだった。

健康診断の結果出たかな?
オールAでした。
そうか…。


醍醐検事…すごく健康らしいから頑張って。




古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、上告を決めた安藤貴和(小雪)に面会。
貴和は、殺人容疑については否定しない。
また、地裁での判決前に面会に来た吉永慶子は、昔世話になった近所のおばさんと話す。
それでも古美門は、最高裁では貴和の無罪を勝ち取ると言い放った。
貴和が真実を何も話してくれないことを気にする黛に、古美門は打つ手をすべて打って
無罪にすると、あくまで強気。
だが、古美門のこだわりは、裁判の勝率を100%に戻すことの様子。  

手段を選ばない古美門は、マスコミを招いて貴和のイメージを向上させる報道を依頼。
しかし、大手マスコミには無視され、招いた記者たちにも金をばらまく始末。
挙句、古美門は黛に、移籍先の『NEXUS』の羽生晴樹(岡田将生)と本田ジェーン(黒木華)から
検事時代に担当していた貴和事件について、検察のねつ造情報を盗み取れと言い出す。
しぶしぶ従おうとする黛だが、羽生たちから情報を得ることは出来なかった。  

そんな状態で、古美門たちは公判初日を迎えてしまう。
貴和への死刑判決を求めて裁判所前に群がる民衆を横目に入廷する古美門も、さすがに緊張の
色は隠せない。
傍聴には羽生も駆けつけていた。
黛は、検察側に醍醐実検事(松平健)がいることが不安。
醍醐は都合良く最高検へ異動になったのだが、それは古美門にとどめを刺すためではないかと
思ってしまう。
古美門自身は、好都合だと強がるが…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2013年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

古美門研介 … 堺雅人
黛真知子 … 新垣結衣

服部 … 里見浩太朗

加賀蘭丸 … 田口淳之介
羽生晴樹 … 岡田将生
安藤貴和 … 小雪
本田ジェーン … 黒木華
磯貝邦光 … 古舘寛治

三木長一郎 … 生瀬勝久
沢地君江 … 小池栄子
井出孝雄 … 矢野聖人

醍醐実 … 松平健

(2話)
鮎川光 … 佐藤隆太
玉川たま … 谷村美月
イノセントボーイ猪野 … 三宅弘城
(3話)
熊井健悟 … 塚地武雅
熊井ほのか … 美波
(4話)
西平なつ … 佐藤仁美
東山冬海 … 猫背椿
西平紀夫 … 山本修
西平紀明 … 橋本智哉
東山 弘 … 千葉ペイトン
東山弘夢 … 佐藤瑠生亮
チャンプ … ティム
(5話)
黛 素夫 … 國村隼 
田向 学 … 野村将希
田向美絵 … 佐藤直子
田向百合子 … 大村美樹
宮内 … 冨家規政
水野 … 越村公一
笠井 … 梅沢昌代
(6話)
愛子 … 鈴木保奈美
嶋澄江 … 高林由紀子
嶋 悟 … 林泰文
宇田川栄一 … 池内万作
滝口哲平 … 矢柴俊博
根本尚美 … 玄覺悠子
嶋 宗太 … 須田瑛斗
宇田川 火星 … 青木柚
宇田川 希星 … 内藤穂之香
宇田川 姫冠 … 滝沢美結
滝口マリア … 佐藤風和
(7話)
宇都宮仁平 … 伊東四朗
穂積 孝 … 近藤公園
大石佳苗 … 伊勢志摩
郷田 … 橋本じゅん
渡辺 … 江良潤
平野里香 … 内田未来
(8話)
赤松鈴子 … 角替和枝
赤松麻里奈 … 遠野なぎこ
赤松恒夫 … 村杉蝉之介
赤松昌夫 … 林和義
赤松義文 … 友松栄
赤松祐介 … 戸辺俊介
岩田尚之 … 永井努


※スタッフ

脚本 … 古沢良太
企画・プロデュース … 成河広明
プロデュース … 稲田秀樹、山崎淳子
監督 … 石川淳一、城宝秀則、西坂瑞城
音楽 … 林ゆうき

主題歌 … 「SLY」RIP SLYM
オープニングテーマ … 「Re:」9nine
      

公式サイト(終了) http://dramablog.cinemarev.net



【送料無料】リーガル・ハイ DVD-BOX [ 堺雅人 ]

【送料無料】リーガル・ハイ DVD-BOX [ 堺雅人 ]
価格:19,646円(税込、送料込)








「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 リーガルハイ2012年「リーガル・ハイ」 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 6話
7話 第8話 第9話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

26件のコメント

  • まぁ、お茶でも
    2013年12月16日 3:58 AM

    《リーガル”ハイ”》☆2-09

    前回は、『北の国から』のパロディー。今回は、時代劇。
    貴和の首を切ろうとする介錯人が、醍醐だった。般若の面」をつけて古美門登場。しかし、醍醐が大きく振りかぶり、古美門は、忍者に脇腹を刺され大上段から刀が降りて…。古美門はベッドから落ちた。
    黛に、NEXUS に移動なら、新証拠でも仕入れたかと露骨。羽生にお色気で迫るも、体調が悪いと取られて、何も収集できなかった。

  • 櫻井8号
    2013年12月15日 6:17 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    8話見逃し、9話から見てしまいましたが、今回はめちゃ面白かったです~。民意に関する古美門先生の演説?、結構考えさせられました。民意って膨れ上がると一種の暴力に貸すというのは、結構身近に体験していたりしますし。
     とうとう、羽生君の白い仮面が剥がれて、やっぱりこのドラマ、裏の裏がありそうですよね!岡田君のにやり黒い笑顔がたまりません!次回すごっく楽しみです!

    >※今回は法廷を出る時の醍醐検事と付き添い検事の会話がツボだった。
    健康診断の結果出たかな?
    オールAでした。
    そうか…。
    醍醐検事…すごく健康らしいから頑張って。

    私もです~!!!ここ、ツボです!個人的にはどうも脇役の醍醐&羽生側がそれとなくツボにはまっています^^三木さんもいよいよ来週登場!目が離せませんね。これで終わってしまうのかと思うと寂しい・・・。

  • トリ猫家族
    2013年12月14日 9:57 PM

    「リーガルハイ 2」 第9話 ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う

     今回のタイトル映像は古美門と黛のちょうど真ん中にドーン!と鎮座する羽生。
    彼が最高裁のキーマンであることを見せていました。
    闘う気満々の3人。
    誰もいなくなった荒野に落 …

  • きこり
    2013年12月14日 9:51 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >こんなにまとめられちゃうと、もう第3期はないのかと不安になっちゃう…。
    私も思ったよ~
    シーズン1の返しみたいなエピソード結構あるし~
    ここに至ってシーズン1にはなかった古美門先生の成長も描かれているし、黛は弁護士としてのスタイルも完成しつつあるようだし~
    シーズン3ないのかしら~?って不安になったよ~
    三木先生がやっと戻ってきてくれたけど、三木VS古美門はどうなるのか?
    そして、貴和の裁判はどうなるのか?
    「真実はいつもコメディ」ってんだから、貴和の裁判も実はそういうオチなのかい?
    羽生が最終的にどうなるのかも気になるーー!
    ホント、リーハイに関しては2時間もあっと言う間だからもっと長くしてくれていいのにね~

  • ミルクレープ
    2013年12月14日 8:40 PM

    SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    こんばんは!
    ここ数話の中で一番楽しかったかもしれません!
    LOVE&PEACE、出てこなかったし
    何となく古美門と黛の絆が見えてよかったので。
    (古美門チックな黛もよかったし!)
    何より久々、古美門演説に涙が出ました。
    でも、しっかりリーハイマジックにかかっていたのかも?!とくうさんのレビューを拝見して思いました。
    確かに古美門も黛もどこからどこまでがホントで演技なのかわからない・・・!
    フツーにPTSDになってフツーに(捨て身とはいえ)ぼこられすぎて意識不明だったと思って見てました(汗)
    ただ、最後のほうは謎が多い回でしたね?!
    あの羽生への言い方だと
    差し戻しになるように最高裁の5人に根回しまでしたのが醍醐??それに協力する醍醐もさせる羽生も何が目的??
    と途端に「?!」となりました。
    初回、「慶」の字はで羽生か娘と思っていたのでそこは「キタ!(にやり)」でしたが。
    復活の三木センセ!
    敵役ではなく打倒黒羽生の味方として出てほしいですがそれはないのかなー・・・
    ついでに広末は何気に古美門と「同じ目的」で頑張ってるみたいなので(「あなたと同じ」って言ってましたよね、確か??)広末も最後出てきてもいいなー。
    何気にあの役、好きです。

    次週はもう最終回ですねー。
    羽生君の色ばかり目立つ回が多くて不満だったので
    古美門事務所の色全開の最終回が見たいですっ!!
    淋しいけど・・・・楽しみです♪

  • 高丸
    2013年12月14日 6:14 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0053710e48063097bfe6719953dab0e
    この一言が出た時、今回が最終話かと思った(^^)

  • ショコラの日記帳・別館
    2013年12月14日 12:46 PM

    【リーガルハイ 2】第9話感想と視聴率

    「ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う」 次回は最終回で、30分拡大で、

  • レベル999のgoo部屋
    2013年12月13日 5:39 PM

    リーガルハイ(2)第9話

    「ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う」

    内容
    古美門(堺雅人)と黛(新垣結衣)に、上告を口にする貴和(小雪)は、
    殺人については否定しないと告げる。
    だが、今までと同じで、なにひとつ真実を語らない貴和。
    黛は量刑不当で訴えることも出来ると古美門…

  • まこ
    2013年12月13日 5:33 PM

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    最終回は24分延長なのねん!
    今回の通常版でも1時間とは思えないくらい
    めっちゃ中身の詰まったリーハイですもの♪
    どんなに濃い展開になるのか楽しみ~!

    今回の古美門のPTSDと真知子の意識不明の重態・・・
    あれってどちらもお芝居だったの?
    それとも本当にあった事だけど、互いに負け惜しみを言ってたのかと
    思ってた・・・
    どっちにしろ、第1シリーズや以前の作品とリンクしてたとはっ!!!

    今回の法廷での古美門せんせの長台詞。
    素晴らしかった!
    あの演説を羽生はどんな思いで聞いたのか?
    不気味な本性をあらわにした羽生が怖いよぉ~。

    そんな中で予告に三木せんせ登場!!!
    懐かしすぎて泣きそうだった(笑)。

  • ドラマハンティングP2G
    2013年12月13日 5:22 PM

    リーガルハイ 第9話

    vol.9「ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う」2013年12月11日  古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、上告を決めた安藤貴和(小雪)に面会。しかし、貴和は相変わらず殺人容疑については否定しない。また、地裁での判決前に面会に来た吉永慶子は、昔…

  • あるがまま・・・
    2013年12月13日 5:12 PM

    リーガルハイ 第9話:ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う

    本当の敵・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    敵のような顔をしてない、人たらしのゆとり王子が最後に戦う相手だったとはっ!

    次週、三木先生の登場もあるようだけど、一体どうゆうスタンスなんだろ???
    そして、予告だけでも、服部さんがっ!?蘭丸までっ!?
    差し戻しに…

  • かこ
    2013年12月13日 4:39 PM

    SECRET: 1
    PASS: 8f7db576fadcdb1735211664d8a0c82f
    すっごく重箱の隅な感じで恐縮ですが、コメント投稿欄のところ、「お気軽にコメントをぞうぞ」になっています。

  • shaberiba
    2013年12月13日 3:06 PM

    リーガルハイ2 第9話

    「1つ 人より よくしゃべる。2つ ふらちな弁護活動
    3つ 醜い浮世の鬼も—-金さえ もらえりゃ無罪にしちゃう
     人呼んで、横分け侍!」
     成敗-----------!!

    されちゃた。古美門・・・・・(苦笑)
    リベンジは失敗に終わりマツケンに惨敗した彼はその場で失神・・。
    ネットでも悪徳弁護士、死ね~~と非難のまととなり
    あまりのショックに先生。幼児化— 
    さぁ…

  • キッドのブログinココログ
    2013年12月13日 2:55 PM

    天使には羽が生えている(岡田将生)悪魔にもな(堺雅人)愚民にも(新垣結衣)チャンドラーにも(松平健)

    世界は愚民で構成されている。 お茶の間をこれほどまでに罵倒したテレビドラマがかってあっただろうか。 画面に指をつきつけ、「お前ら、みんな、バカだ」と主人公が断定するわけである。 もう、一同爆笑するしかないわけである。 第一期でほぼ完成されたと思われる様式美さえ感じさせる構成を・・・ある程度踏まえつつ

  • かこ
    2013年12月13日 2:53 PM

    SECRET: 0
    PASS: 8f7db576fadcdb1735211664d8a0c82f
    リーハイも終わっちゃうんですね。。。さみしいT^T

    >古美門先生のPTSDも芝居だった…らしい?
    私、PTSDの件は本物だと思ってたんですが、くうさんブログで全体おさらいしたら、やっぱりこれも芝居かもと思い直しました。ここから芝居だとすると、大胆ですよね〜。リーハイらしいとも言える。。。

    時代劇の場面で出てきた「くのいち」ですが、声が本田さんだった気がしました。

    最終回、楽しみです〜

  • 世事熟視〜コソダチP
    2013年12月13日 1:55 PM

    「リーガルハイ 2」第9話★ガッキーがブラウスのボタンを外し…堺雅人は超絶・長セリフ炸裂

    「リーガルハイ 2」第9話
    ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う

    古美門(堺雅人)が黛(ガッキー)に「少しは成果を上げたのか。」

    「何の話ですか?」
    古美門「NEXUSに移籍した理由を忘れたのか? 奴らの懐に潜り込んで何らかの情報を盗み取るためだろうが。」

    黛「初耳です。」
    古美門「今からでもやれ。羽生はあの性格だ良心の呵責を感じて誰かに打ち明けたがっているか…

  • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
    2013年12月13日 1:18 PM

    リーガルハイ(2期) #09 感想

    Vol.09

    あ、ピグモン!

    貴和裁判が始まりました。

  • 匿名
    2013年12月13日 11:32 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    気づいている気づいている……の掛け合いは、1期での元奥さんとの会話を彷彿とさせました。
    相性のいいコンビになったものですねw

  • ぷち丸くんの日常日記
    2013年12月13日 11:06 AM

    リーガルハイ2 第9話

    古美門(堺雅人)と真知子(新垣結衣)は、上告を決めた貴和(小雪)に面会します。

    殺人容疑については否定しない貴和でしたが、古美門は「最高裁では彼女の無罪を勝ち取る」と言い放っていました。

    真知子は、貴和が真実を何も話してくれないことを気にしますが、古美門は打つ手はすべて打って無罪にすると、あくまで強気な姿勢を見せていました。

    古美門はマスコミを招いて、貴和のイメージを向上さ…

  • Largo
    2013年12月13日 10:56 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >ただ、そのどれが芝居でどれが本当かは解らないのだけれども。
    恐らく最後までわからないんでしょうねぇ。それでこそ古美門ですし。
    しかし黛に対する思いには、なんらかの真実があるかな、と。
    本当に黛が意識不明だったかどうかはともかく、ベッドに横たわる彼女を見詰める表情には、作戦とともに黛のやる気と信念もまた受け取る決意を感じましたもの。
    >気づいている気づいている……を延々と繰り返す師弟であった……LOVEだね。
    ここ、楽しかったです(^^
    二人の掛け合い、もっと見ていたいなぁ。

  • 昼寝の時間@R
    2013年12月13日 10:55 AM

    リーガルハイ(2013) 9話

    古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、上告を決めた安藤貴和(小雪)に面会。しかし、貴和は相変わらず殺人容疑については否定しない。また、地裁での判決前に面会に来た…

  • ぐ~たらにっき
    2013年12月13日 8:26 AM

    リーガルハイ #09

    『ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う』

  • Happy☆Lucky
    2013年12月13日 8:18 AM

    リーガルハイ 第9話

    第9話

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2013年12月13日 7:49 AM

    リーガルハイ 第2シリーズ (第9話・12/11) 感想

    フジテレビ『リーガルハイ 第2シリーズ』(公式)
    第9話『ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う』の感想。

    貴和(小雪)の上告審が始まった。不敗神話を取り戻したい古美門(堺雅人)は黛(新垣結衣)に、検事として貴和の裁判に関わった羽生(岡田将生)から色仕掛けで情報を取ってくるよう命じる。一方、世の中は希代の悪女と報じられる貴和に死刑を求める声であふれていた。鼻息も荒く…

  • 平成エンタメ研究所
    2013年12月13日 7:47 AM

    リーガルハイ 第9話〜私は<溝に落ちた野良犬を平気で助けようとするバカ>を誇らしく思う

    「本当の悪魔とは巨大に膨れ上がったときの民意だよ。
     自分を善人だと信じて疑わず、薄汚い野良犬が溝に落ちると
     一斉に集まって袋叩きにしてしまう。そんな善良な市民たちだ」

     そうなんですよね。
     僕は民意を信じているんですけど、民意は時として間違う。
     自…

  • 日々“是”精進! ver.F
    2013年12月13日 6:28 AM

    「リーガルハイ」第9話

    差し戻し判決…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312120003/

    【送料無料】リーガルハイ 2 [ 古沢良太 ]価格:1,365円(税込、送料込)