【八重の桜】第43回 「鹿鳴館の華」感想


襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)とともに、同志社大学の設立を陳情するため
東京の勝海舟(生瀬勝久)のもとを訪ねた。
その帰り、山川家をめぐって起きた騒動を解決しようと試みる。
騒動とは、元薩摩藩士の陸軍中将・大山巌(反町隆史)が、長期留学から帰国したばかりの
山川家の末娘・捨松(水原希子)を嫁に欲しいと日参しているという珍事だった。
怒る長兄・浩(玉山鉄二)との間に入った八重は、一計を案じる。

(「Yahoo!TV」より引用)


    


八重の桜 第四十三回「鹿鳴館の華」


1882年(明治15年)。
伊藤博文と対立して政府を追われた大隈重信は、東京専門学校を開校した。
現在の早稲田大学の前身である。

その頃、新島襄も大学設立に向け準備を始めていた。

会津へ行った後、襄の体調は崩れていた。
心配する八重をよそに、精力的に働く襄。


帰国した山川捨松は同じく帰国子女の津田梅子と共に女子大学の設立を求めて
政府に掛け合っていたが相手にされない。


あなた方の留学は10年も前に北海道開拓使が勝手に募ったもの。
娘を留学させたい者などおらず、逆賊の東北諸藩や幕臣の子弟にお鉢が回っただけだ。

女は嫁に行って男子を産む事が、国家への最上のご奉公と心得よ!



何処へ行っても会津、逆賊、女…と言われ続け、自分が留学した10年は
無駄だったのかと嘆く捨松。

健次郎が務める東京大学でも女性の教員は雇われていない。

女が身を立てるのは難しい国、日本。
留学していたアメリカでは考えられない事だ。


国費で留学した私に仕事をさせないなんて。
文部省は馬鹿です!

捨松。気持ちは分かるが、日本では率直な物言いは疎まれる。
気を付けろ。


家族もやりどころのない捨松の気持ちを言葉で慰めるしかなかった。


そんな折、陸軍大阪鎮台に勤めていた山川浩は、八重の自宅を訪問した。

覚馬は、床に這うように頭を下げる。


大蔵様。
ご家老として会津の苦難を最後まで背負われた大蔵様の御苦労、察するに…。


覚馬さん、おやめ下さい。
俺も戦で敗れて合わせる顔がなかったんです。
そんじも、こうしてまた無事に会えた。


15年ぶりの再会。

浩は、襄にもここで初めて会った。

実は、今日はお願いがあって参りました。
アメリカ留学から戻ってまいりました末の妹・捨松をどうか同志社女学校の教師として
雇っては頂けねえでしょうか。

洋学を身につけ会津の汚名をそそげと、まだ12の妹に重い荷を背負わしました。
せめて職を見つけてやりたくて…。


頭を下げる浩に二つ返事で捨松の受け入れをする襄。

あの小さなお嬢さんがアメリカで10年の苦労の末に学び取った学問は宝です。


八重は女学校に浩を案内した。

ここでは専門の教師が女子にも男子と同じように学問を教えています。

男子と同じか。
いや…世も変わったもんだ。


先進的な教育環境に目を細める浩。


「外で女と言葉を交わしてはなりませぬ」
「ならぬことはならぬものです」


幼い頃に散々しつけられた会津の「什の掟」
2人は声を合わせて復唱し、昔を思い出して笑った。


時が経つのは早えもんです。
俺は時が過ぎんのが怖え。
人間の記憶はなじょな事があっても薄まっていくのがな。
俺は、俺だけは忘れてはなんねえのに…。


浩が背負った戦争の傷は深い。

浩は自分が忘れない事で、死んでいった者たちへの償いをしているようだった。


会津の者は中央政府では、どこまでいっても日陰者。
健次郎や姉上、そして八重さんのように教育こそが腕を振るえる道かもしれません。
人を育てんのは国を育てる事だ。



やがて、浩は東京へ呼び戻された。
突如、陸軍省人事局への栄転が決まったのである。

思わぬ栄転に首をかしげる山川家の家族だったが、その謎はすぐに解ける。

陸軍中将・大山巖が自ら山川家へやって来たのである。

要件は、捨松を貰い受けたいという事…。


妹を人質に出世するぐらいなら、陸軍など辞職致しやす。

当然、浩は頑なに拒んだ。

なぜ捨松を、と尋ねる健次郎に、

不平等条約の改正は日本政府の悲願。
そいには日本が文明国じゃち列強に認めさす必要がある。
捨松さあは、西洋ん流儀を身につけられ才媛としてアメリカでも名高か。
故に我が妻に最適ち…。


と、答える大山。

妹を道具のように言うな!


この話を聞いて捨松は、

日本のために働けるなら、大山のアクセサリーになります。喜んで。

と、捨て鉢に答えたが、外で出会った大山のイメージは違う物だった。


恥ずかしか限りでごわす。
男んおいがほんのこつを言えんじ。

実は…何度かパーティーでお見かけしてかい…
美しかおはんのこつが忘れられんごつ。


驚いて飲み物をこぼしてしまった捨松に大山はハンケチを貸してくれた。

おはんは外国人などではありもはん。
誇り高か会津んおなごでごわす。

おいが薩摩ん人間じゃっとが気に障っとでごわんそ。
じゃっどん…。
海外に出れば同じ日本人です。


優しくて紳士的な態度。

日本という狭い範囲ではなく、世界を見る広い視野。

捨松にとって、大山は気になる存在となった。


しかし、当然、家は大反対である。

なにも親子ほど年の離れた人のところに後妻に入る必要はありません。

私は年の事は気にしません…。

山川家は代々会津藩の家老の家柄だ。
薩摩へ嫁げる訳ねえべした!



会津の人間として当然崩すことができない薩摩との壁。
家老の家柄であった誇り。

京都の山本覚馬から預かってきた川崎尚之助の最期の書「会津戦記」を読みながら
1人泣き伏す兄・浩を見て、戦争の傷が決してきえない事を悟る捨松。


京都で、八重はこの事態を知り憤慨した。

山川様は「捨松さんの就職をすぐに進めてほしい」健次郎さんは「保留にしてほしい」
と書いてきました。
どういう事でしょう?


困惑する襄に、八重はこの縁談のせいだと憤る。


薩摩の大山、地位に物言わせて捨松さんを会津からさらおうとしてんだ。
山川様は断るために急いでんのに違えねえ。
山川家は家老の家柄。
釣り合う訳がねえべ。


同じように憤慨する佐久の言い分も、捨松の母、艶と同じ。

ちょうど大学設立の陳情に東京へ行こうとしていた襄に伴って、八重は山川家に
乗り込む事を決めたのだった。


同志社大学の設立について語る襄に勝は共感してくれ、力を貸すと言ってくれた。

首尾は上場の状態で宿へ戻った2人を捨松が訪ねてくる。


私をこのまま京都に連れてって下さい。
今すぐ働きたいです。

ご結婚はどうされ…。

薩摩との縁談など会津の者には迷惑です。兄は断っています。
それでも大山様は毎日うちに来ます。

しつけえ男だ。かわいそうに。


八重は捨松に同情していたが、襄は少し違う見方をしていた。

捨松さんは大山様に少しの好意もないのですか?

好意なんて、とんでもねえ!


声を合わせて否定する女たち…。

こうして、八重はまさに大山が訪問中の山川家に乗り込むことになるのだった。

  
  ※※※


この時代には珍しいほど情熱的にプロポーズし続けたという大山巌。

家柄、戦勝者と敗者という立場、「逆賊」を認定される切っ掛けとなった屈辱の過去。

今の時代とは結婚反対の質が全く違う。
この壁は硬くて高い。

乗り越えることは困難であったろう。

それでも、大山は頭を下げ続け、拝み倒して捨松を貰い受けた。

もちろん、外交上役立つ妻がほしかった…という面は大きい。

しかし、

実は…何度かパーティーでお見かけしてかい…
美しかおはんのこつが忘れられんごつ。


あの言葉も本音だと思う。

微笑ましくて、ちょっとウキウキする恋バナ。

だから、本当は八重の腕相撲なんかで解決させないで、大山が頑張りぬく所を
見たかった気がするんだけど…まぁ…「八重の桜」だから仕方ないよね~。
   八重の桜 腕相撲


実際は、捨松が思わず大山を応援してしまったところからもう勝敗は決まっていたという…
ベタだけど…まぁ…八重の桜だから……。


かつて命懸けで銃を撃ち合ったその手で腕相撲ができた。

ジョーさんのまとめは、いつも天使。

そして鹿鳴館…。

長身美男美女のダンスシーンに萌えた。
   八重の桜43鹿鳴館



浩が忘れてはならないと思っていた事…。

傷跡や恨みや悲しみ…

それを忘れることで前へ進み、そこから平和がやってくるのだと。

浩の戦後がやっと訪れた山川家ストーリーだった。


襄さんの体調が心配すぎます。



【関連記事】
・番外記事 「鳥羽・伏見の戦い」なぜ徳川慶喜と松平容保は江戸へ帰ってしまったのか



よろしければ→【2013年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



※キャスト

山本八重(新島八重)… 綾瀬はるか(少女期:鈴木梨央)

新島襄(七五三太→襄)… オダギリジョー
山本覚馬… 西島秀俊
山本佐久… 風吹ジュン
山本みね… 三根梓(少女期:千葉理紗子→豊嶋花→池田沙弥花)

徳富猪一郎(徳富蘇峰)… 中村蒼
伊勢時雄(横井時雄)… 黄川田将也
金森通倫… 柄本時生
市原盛宏… 永岡佑
小崎弘道… 古川雄輝
海老名喜三郎… 阿部亮平
徳富初子… 荒井萌
伊勢みや子… 坂田梨香子

山川大蔵(与七郎)… 玉山鉄二
山川二葉… 市川実日子
山川艶… 秋吉久美子
山川健次郎… 勝地涼(少年期:小山颯)
山川捨松(咲→捨松→大山捨松)… 水原希子
山川常盤… 佐藤みゆき(幼少時:信太真妃)

佐川官兵衛… 中村獅童
梶原平馬… 池内博之
秋月悌次郎… 北村有起哉
広沢富次郎… 岡田義徳
西郷頼母… 西田敏行

日向ユキ… 剛力彩芽
高木時尾… 貫地谷しほり
大垣屋清八… 松方弘樹
小田時栄… 谷村美月

槇村正直… 高嶋政宏
藤田五郎(斎藤一)… 降谷建志

徳川慶喜(一橋慶喜)… 小泉孝太郎
徳川慶恕(徳川慶勝… 金子賢
徳川斉昭… 伊吹吾郎
徳川慶篤… 杉浦太陽

松平春嶽… 村上弘明
井伊直弼… 榎木孝明
松平定敬… 中村隼人
久世大和守… 津村和幸
勝麟太郎(勝海舟)… 生瀬勝久
榎本釜次郎(榎本武揚)… 山口馬木也

岩倉具視… 小堺一機
三条実美… 篠井英介
近衛忠煕… 若松武史
中川宮… 小須田康人

西郷吉之助(西郷隆盛)… 吉川晃司
大山弥助(大山厳)… 反町隆史
島津斉彬… 林与一
大久保一蔵… 徳重聡
桂小五郎(木戸孝允)… 及川光博
板垣退助… 加藤雅也
山県有朋… 猪野学
伊藤博文… 加藤虎ノ介
江藤新平… 山崎銀之丞

山本権八… 松重豊
山本うら… 長谷川京子
山本三郎… 工藤阿須加
川崎尚之助… 長谷川博己
お吉… 山野海
徳造… 戸田昌宏

松平容保… 綾野剛(幼少時:山下哲平)
照姫… 稲森いずみ
松平容敬… 中村梅之助
敏姫… 中西美帆

西郷千恵… 宮崎美子
山川兵衛… 山本圭
山川登勢… 白羽ゆり
山川美和… 澤田汐音
神保修理… 斎藤工
神保雪子… 芦名星
神保内蔵助… 津嘉山正種
萱野権兵衛… 柳沢慎吾
田中土佐… 佐藤B作
林権助… 風間杜夫
横山主税… 国広富之
梁瀬三左衛門… 山野史人
黒河内伝五郎… 六平直政
古川春英… 小市慢太郎
竹村幸之進… 東武志
小出鉄之助… 白石朋也
内藤新一郎 … 陣内孝則

中野竹子… 黒木メイサ
高木澄江 … 宮下順子
中野こう子 … 中村久美
中野優子 … 竹富聖花
世良修蔵… 小沢仁志
吉田寅次郎(吉田松陰)… 小栗旬
久坂玄瑞… 須賀貴匡
近藤勇… 神尾佑
土方歳三… 村上淳
沖田総司… 鈴木信二
永倉新八… 水野直
藤堂平助… 住吉晃典
佐久間象山… 奥田瑛二
宮部鼎蔵… 宮内敦士
真木和泉 … 嶋田久作
孝明天皇… 市川染五郎

ナレーション… 草笛光子

※スタッフ

制作統括… 内藤愼介
脚本… 山本むつみ
演出… 加藤拓
音楽… 中島ノブユキ
テーマ… 坂本龍一
題字… 赤松陽構造









【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]

【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]
価格:1,000円(税込、送料別)



【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]

【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]
価格:1,470円(税込、送料別)



【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]

【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]
価格:720円(税込、送料別)





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

23件のコメント

  • くう
    2013年11月4日 12:15 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    レスが遅れて申し訳ありません~(>_<)

    >腕相撲そのものよりも、「いけ~!討て~!薩長を倒せ~‼」とか言ってる山川兄弟のほうが笑ってしまいました^^;

    それ、会津でも薩摩でもないから~って感じですよね^^;
    確かに笑える光景でしたw

    >襄さんのまとめは良かったですね。(腕相撲をかってでた八重にオロオロするところもカワイイ~♪)

    視聴者と同じくらい「へっ?」って顔してましたよね^^;
    カワイイっす!

    >個人的には今回、捨松と大山の縁談に関わった事で、初めて八重も薩長への恩讐を乗り越えようとするような流れだったら良かったなぁ…と思いました。

    私はもう八重はそこのところは乗り越えているのかなぁ…と思っていました。
    けれども、やっぱりなかなか受け入れられませんよねぇ。
    平成になってもまだ会津、薩摩、長州…に拘る地元の方は多いそうですから、
    戦後すぐのこの時代だったらますますそうだったでしょうね。
    まぁ…とりあえずは結婚したご当人たちが幸せそうで良かったです^^

  • くう
    2013年11月4日 12:08 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    なんか、変なコメントを入れてしまってすいませんでした~(>_<)
    こういう事じゃないよなぁ…と送信した後で思ったのですが…どうにもできず^^;
    お互い親も大事にしつつ自分たちも気を付けて行きましょう。
    (って言いながら思い切り親放りっぱなしの自分なんですが^^;)

    >八重の桜らしい突拍子もない展開で半ば唖然でしたけど、それでも襄のまとめが天使で結果オーライでよかったんじゃないかと(わはは)

    ほんと…ある意味「らしい」八重の桜でした^^;
    明治に入ってから、どんどんそうなってますよね。
    明治時代はとかく視聴者から敬遠されがちなので物語作っていくのも難しいんだろうなぁ…。

    >でも、次回以降はその天使が・・・なんですね。

    ジョーさんは早死にされた方なので、ホント、もう少し…ですね。
    私ゃ今、ジョーさん天使っっの勢いで見ている状態なので、居なくなったら辛いなぁ^^;

  • くう
    2013年11月4日 12:02 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >別に八重を絡ませなくても良かったのではないかと思いました。
    たしかに「八重の桜」だから…なので、納得します。

    どうもこの脚本家さんは主役を絡ませないと気が済まないところはあるみたい…。
    まぁ…王道の女主人公大河、って感じですね^^;

    >いきなり体調がすぐれない展開となり、ビックリ。
    病気メイクで、次回はもう…(涙)

    一週レスが遅れてしまったので、次の回を見た所…
    まだでしたね(爆
    ややこしいサブタイ^^;

    あと7週ですか~…きゃー今年が終わっちゃう。

  • ショコラの日記帳・別館
    2013年10月29日 9:24 PM

    【八重の桜】第43回感想と視聴率最低「鹿鳴館の華」

    「鹿鳴館の華」 捨松の方が八重より大河ヒロインに相応しいのではないかと思うくらい

  • キッドのブログinココログ
    2013年10月29日 4:38 AM

    キンキンと鹿鳴きて我に佳賓有りでごぜえやす(綾瀬はるか)

    鹿の鳴き声は「詩経」の「小雅」の一篇によれば「呦呦鹿鳴」で・・・ユウユウということになっている。 しかし・・・「ユウ」というより「ビャウ」な感じもするし「キャーッ」という感じもする。「ビー」もありだという意見もある。「キャリー」となると「ぱみゅぱみゅ」も欲しくなる。「キャイーン」とか「ケーン」とか「

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2013年10月28日 10:38 PM

    大河ドラマ「八重の桜」 #43 鹿鳴館の華

    果たして会津と薩摩がくっついていいのか。
    これから大もめです。

  • 事務職員へのこの1冊
    2013年10月28日 6:33 PM

    八重の桜~第四十三話「鹿鳴館の華」

    第四十二話「襄と行く会津」はこちら。 前回の視聴率は14.8%と予想をはるかに超

  • 世事熟視〜コソダチP
    2013年10月28日 11:38 AM

    『八重の桜』第43回「鹿鳴館の華」★腕相撲で捨松(水原希子)の結婚が決まる

    『八重の桜』第43回「鹿鳴館の華」

    今回は捨松を演じた水原希子のフワッとした不思議な存在感が印象的でした。
    −◆−
    旧薩摩藩士の陸軍中将・大山巌(反町隆史)が、長期留学から帰国したばかりの山川家の末娘・捨松(水原希子)を嫁にほしいと日参・・・。

    そんなある日、津田梅子(河北麻友子)とともにパーティに参加した捨松(水原希子)が大山とバッタリ・・・。

    テーブルを挟んで会話し…

  • 昼寝の時間@R
    2013年10月28日 11:32 AM

    八重の桜 第43回「鹿鳴館の華」

    襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と共に、同志社大学の設立を陳情するため東京の勝海舟(生瀬勝久)のもとを訪ねた。そして、2人はその帰りに山川家に立ち寄る。山川家には、旧薩…

  • 平成エンタメ研究所
    2013年10月28日 9:00 AM

    八重の桜 第43回「鹿鳴館の華」〜好意なんてとんでもねえ!!

     腕相撲勝負を終えて大山(反町隆史)は言う。
    「いくさは終わったどん」
     これに応えて山川(玉山鉄二)。
    「この屋根の下では兄上と呼んでもらおうか」
     これで戊辰戦争以来の会津、薩摩の確執は終了したんですね。
     山川の言葉は、終了を受け入れつつも、会津人と…

  • ゆきまる
    2013年10月28日 12:40 AM

    SECRET: 0
    PASS: f614214a11f8ffbd40bd0f4f79e1fb58
    腕相撲そのものよりも、「いけ~!討て~!薩長を倒せ~‼」とか言ってる山川兄弟のほうが笑ってしまいました^^;

    襄さんのまとめは良かったですね。(腕相撲をかってでた八重にオロオロするところもカワイイ~♪)
    個人的には今回、捨松と大山の縁談に関わった事で、初めて八重も薩長への恩讐を乗り越えようとするような流れだったら良かったなぁ…と思いました。(いきなり病気の薩摩出身女学生に土下座するのでは無くて…←かなり前のエピソードに今更ダメ出しですみません^^;結局はそこの描き方が薄かったのがイマイチ不満だったんだな~私は、という事が分かりました)

  • なぎさ美緒
    2013年10月28日 12:13 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんわ~!!
    最近ドラマ感想サボリ気味でコメントも全然書けず久しぶりのお邪魔です(^^;)
    母の件ではご心配おかけしました。
    コメントも感謝です。
    本当現実は目をそらしたい話が今後は出てくる事になるんですね・・・その日が遠い事を祈ります。

    今回は本当鹿鳴館のシーンだけでもうお腹いっぱいで。

    八重の桜らしい突拍子もない展開で半ば唖然でしたけど、それでも襄のまとめが天使で結果オーライでよかったんじゃないかと(わはは)

    でも、次回以降はその天使が・・・なんですね。
    いよいよ終盤だなあと改めて感じる回でした。

  • センゴク雑記
    2013年10月28日 12:06 AM

    「八重の桜」 第43回、鹿鳴館の華

    大河ドラマ「八重の桜」。第43回、鹿鳴館の華。
    久しぶりに、会津 対 薩摩の対立。
    山川家は総出演ですね。

  • ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
    2013年10月27日 11:47 PM

    大河ドラマ「八重の桜」 第43話 あらすじ感想「鹿鳴館の華」

    まさに華----------!!

    後半になって結婚話が続いてますけど、今回がやはり人選的にも一番華やかでしたね(^^)

    いやぁ、美しかった♪

    帰国した捨松の誤算は、10年の留学のせいで、アメリカの生活が身についてしまい、まず日本語が読めないという弊害が。

  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
    2013年10月27日 11:47 PM

    大河ドラマ「八重の桜」 第43話 あらす…

    まさに華----------!!後半になって結婚話が続いてますけど、今回がやはり人選的にも一番華やかでしたね(^^)いやぁ、美しかった♪帰国した捨松の誤算は、10年の留学のせいで、…

  • 悠雅的生活
    2013年10月27日 9:51 PM

    『八重の桜』第43回

    鹿鳴館の華

  • 真田のよもやま話
    2013年10月27日 9:15 PM

    NHK大河ドラマ「八重の桜」第43回「鹿鳴館の華」

    本日はお日柄もよろしいのでしょうか、七五三とハロウィンが同時開催!そもそもハロウィンったら10月31日なんでしょうけど本日の日曜日にやってるんですって!もうね、仮装行列みたいな大賑わい!それで可愛いミニーマウスと白雪姫が手をつないで歩いてたのを目撃しまして、それは七五三なのかハロウィンなのか尋ねたかったんですけど・・それで不審者みたいにみられるのも業腹だと思って我慢しましたー!なんだか残念。…

  • オールマイティにコメンテート
    2013年10月27日 9:00 PM

    大河ドラマ「八重の桜」信念の人43八重は捨松の意思を知り大山巌との腕相撲の勝負から和解の握手で結婚を認めさせた

    大河ドラマ「八重の桜」第43話は山川家に戻った捨松は日本では女性はまともな職に就けない事にアメリカでは信じられない事だと嘆く。そんな捨松に目を付けた陸軍中将大山巌が捨 …

  • レベル999のgoo部屋
    2013年10月27日 8:54 PM

    八重の桜 第43回 鹿鳴館の華

    『鹿鳴館の華』

    内容
    大学設立に向け準備を進める襄(オダギリジョー)
    そんななか八重(綾瀬はるか)は、
    山川(玉山鉄二)の妹、、捨松(水原希子)が帰国したと知る。

    しばらくして山川が、襄、八重のもとを訪ねてくる。
    捨松を英学校で働くことは出来ないか。。。…

  • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
    2013年10月27日 8:48 PM

    敵同士の結婚 ~八重の桜・鹿鳴館の華感想~

    10年間の外国留学から帰ってきた山川捨松に、大山巌からの白羽の矢が立ったのは明治16年。
    当時の大山は外国との不平等条約を改正するのに懸命だったが、大山はフランス式兵制からドイツ式兵制の訓練を受けていたという。
    しかしながら当時の交渉の場は夫人同伴の舞踏会であることが多く、パートナーとして教養の高い女性が必要であった。
    そこでアメリカ10年間留学し、大学を首席で卒業して、フランス語やド…

  • 青いblog
    2013年10月27日 8:48 PM

    八重の桜 第43回 「鹿鳴館の華」

    捨松って、 画面映えする女性ですね。 キャラもよく立っていて…。 歴史的な経緯としても面白くて。 鹿鳴館で踊る姿は美しく華やかでした。 水原希子さんで良かったと思います。 主役に見せ場を作るために、 無理矢理八重たんの腕相撲シーンを入れたように見えてしまった。笑 会津の戦時中にかかっていたBGMで盛り上げてるのが、余計に悲しくなりました。 どうで…

  • BROOK
    2013年10月27日 8:12 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >本当は八重の腕相撲なんかで解決させないで

    どうもこのシーンはイマイチな感じがしてしまって…
    別に八重を絡ませなくても良かったのではないかと思いました。
    たしかに「八重の桜」だから…なので、納得します。

    >襄さんの体調が心配すぎます。

    いきなり体調がすぐれない展開となり、ビックリ。
    病気メイクで、次回はもう…(涙)
    残り7回くらいなので、一気にスパートをかけてきました。

  • 日々“是”精進! ver.F
    2013年10月27日 8:09 PM

    大河ドラマ「八重の桜」第43回

    腕相撲勝負…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310270002/

    【送料無料】八重の桜(完結編) [ 山本むつみ ]価格:1,050円(税込、送料込)