【八重の桜】第27回 「包囲網を突破せよ」感想


城内の八重(綾瀬はるか)のもとへ、日新館が焼失し、重傷者たちが自害したという知らせが届く。
怒りを抑えきれない八重は、夜襲で敵を討つため、城外へ出る。
中野竹子(黒木メイサ)は、母や妹とともに娘子隊を結成し、なぎなたを武器に城下の新政府軍に
戦いを挑む。
しかし、奮戦むなしく竹子は敵の銃弾に撃ち抜かれて命を落とす。

仲間たちが次々と戦死していくなか、八重の耳に懐かしい彼岸獅子の音色が聞こえてくる。

(「Yahoo!TV」より引用)


   


八重の桜 第二十七回「包囲網を突破せよ」


慶応4年8月23日。
新政府軍は会津城下に侵入。

八重は、スペンサー銃を抱えて入城し、夜襲にも参加して腕を振るった。


八重様!日新館が燃えています!

という健次郎の報告を受けるとすぐに春英の姿を発見する八重。


春英先生!
日新館が焼がれたのですか!?

敵に奪われぬよう焼ぎ払ったのだ。
動げる者のみここへ来た。…動げぬ者たちは自害した。



城の外で、どれだけの悲劇が起きているのか、八重に知るべくもない。

運ばれてきた動ける患者の手当てに八重も追われる事となった。


日向ユキは家族を連れて一日中一晩中歩き続けた。
民家の戸を叩いても誰も中へは入れてくれない。

とばっちり食うのは御免だから!

冷たく追い払われてもユキは家族を叱咤激励しつつ休める場所を探し回った。


中野竹子らが結成した薙刀隊は、輝姫が城を出たという噂を聞いて城外を探し回り、
結局、輝姫に会えずにいた。



(あらすじは後ほど追記します~…の3週目…まずは感想から↓)
すいません。



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ちょっと…7月いっぱい感想は少なめで行こうかな…と思っています…。
たぶん、この大河ドラマを見る自分と世間のテンションには大きな差があると思う。

先週も書いたかもしれないけれども、こういう戦争を描いた物で「八重カッケー」とか
思えないんですよね。

敗戦である事は始めから解っている事だし。
悲劇でしかないわけだし…。

今日は泪橋の悲劇が語られたわけですが、これも初めから解っていた事を映像として確認した
だけなので…いや、作りすぎな気がして泣けなかった。

撃ち抜かれたのは眉間じゃなかったっけ、とか、コウ子さんは首を持って帰れなかったんだっけ…
とか、そんな事ばかり気になってしまった。

「お城に戻ったら、八重さんに鉄砲を教えてもらいましょう。」

のセリフは婦女隊には無いだろうな~とも思った…。

ここは死の前に主人公を思い出さなくてはならなかったんでしょうか。
何だかんだ言いながら、今までそういう所は無いように感じていたのに「江のお守り」的
シーンがちょいちょい出てくるようになった気がして…気のせいかな…。うん。


それよりも、私は頼母の痛々しさに泣けそうでしたわ。


強ぐなんねえと一足も前には進まねえぞ。 

これは鉄砲の腕などの事ではなくて、精神的な強さですよね。
死を選ばない強さ。

たくさんの兵を死なせてしまい、それでも腹を切らない。
殿に対して開城を進言する。

この状況でこれは、つよくなければできない事だな、と。


どうして頼母、生き延びるんだよ。容保さんも何で生き延びるんだよ。という話ですが、
生き延びる方もなかなか覚悟が必要だと思いますよ。
辛い人生だった事でしょう。


彼岸獅子のエピソードも…うん。大蔵カッケー、と素直に言えなくてすいません。
だって…何度も言うけど、どうせ勝つわけではないので…。

この局面で開城しようと言う事が出来る頼母の方が私にはカッコよく見える。

いや、「戦は嫌じゃ」が見たいという事ではなくて…
みんなが洗脳されたように同じ方向を向いている中で、唯一状況が見えている人。
という気がするのですよ。

だって…この状況でもう…引き際なんかとっくに過ぎているくらいなのに…。

でも、容保さまは、それを受け入れないんだね。

いや、全て現実にあった事なので仕方ないわけですが。
会津戦争を7月いっぱい描く意味が解らないのです。


引き際を決めるのもまた難しい事なのでしょうが。
今まで描かれてきたことを顧みれば会津の悔しさも悲しみもよく解る。

でも…多くの民を失ったのはやはり決断の時と決断の仕方を誤ったから、
という気がします。



【関連記事】
・番外記事 「鳥羽・伏見の戦い」なぜ徳川慶喜と松平容保は江戸へ帰ってしまったのか



よろしければ→【2013年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



※キャスト

山本八重(新島八重)… 綾瀬はるか(少女期:鈴木梨央)

山本覚馬… 西島秀俊
山本佐久… 風吹ジュン
山本権八… 松重豊
山本うら… 長谷川京子
山本三郎… 工藤阿須加
お吉… 山野海
徳造… 戸田昌宏

川崎尚之助… 長谷川博己
新島襄(七五三太→襄)… オダギリジョー

松平容保… 綾野剛(幼少時:山下哲平)
照姫… 稲森いずみ
松平容敬… 中村梅之助
敏姫… 中西美帆

西郷頼母… 西田敏行
西郷千恵… 宮崎美子
山川大蔵(与七郎)… 玉山鉄二
山川二葉… 市川実日子
山川兵衛… 山本圭
山川艶… 秋吉久美子
山川登勢… 白羽ゆり
山川健次郎… 勝地涼(少年期:小山颯)
山川捨松(咲→捨松→大山捨松)… 水原希子
山川美和… 澤田汐音
山川常盤… 信太真妃
神保修理… 斎藤工
神保雪子… 芦名星
神保内蔵助… 津嘉山正種

佐川官兵衛… 中村獅童
萱野権兵衛… 柳沢慎吾
田中土佐… 佐藤B作
林権助… 風間杜夫
横山主税… 国広富之
梶原平馬… 池内博之
秋月悌次郎… 北村有起哉
広沢富次郎… 岡田義徳
梁瀬三左衛門… 山野史人
黒河内伝五郎… 六平直政
古川春英… 小市慢太郎
竹村幸之進… 東武志
小出鉄之助… 白石朋也
内藤新一郎 … 陣内孝則

中野竹子… 黒木メイサ
日向ユキ… 剛力彩芽
高木時尾… 貫地谷しほり
高木澄江 … 宮下順子
中野こう子 … 中村久美
中野優子 … 竹富聖花

徳川慶喜(一橋慶喜)… 小泉孝太郎
徳川慶恕(徳川慶勝… 金子賢
徳川斉昭… 伊吹吾郎
徳川慶篤… 杉浦太陽

松平春嶽… 村上弘明
井伊直弼… 榎木孝明
松平定敬… 中村隼人
久世大和守… 津村和幸

勝麟太郎(勝海舟)… 生瀬勝久
榎本釜次郎(榎本武揚)… 山口馬木也

孝明天皇… 市川染五郎
岩倉具視… 小堺一機
三条実美… 篠井英介
近衛忠煕… 若松武史
中川宮… 小須田康人

西郷吉之助(西郷隆盛)… 吉川晃司
大山弥助(大山厳)… 反町隆史
島津斉彬… 林与一
大久保一蔵… 徳重聡
桂小五郎(木戸孝允)… 及川光博
板垣退助… 加藤雅也
世良修蔵… 小沢仁志

大垣屋清八… 松方弘樹
小田時栄… 谷村美月

吉田寅次郎(吉田松陰)… 小栗旬
久坂玄瑞… 須賀貴匡
槇村正直… 高嶋政宏
斎藤一… 降谷建志
近藤勇… 神尾佑
土方歳三… 村上淳
沖田総司… 鈴木信二
永倉新八… 水野直
藤堂平助… 住吉晃典
佐久間象山… 奥田瑛二
宮部鼎蔵… 宮内敦士
真木和泉 … 嶋田久作

ナレーション… 草笛光子

※スタッフ

制作統括… 内藤愼介
脚本… 山本むつみ
演出… 加藤拓
音楽… 中島ノブユキ
テーマ… 坂本龍一
題字… 赤松陽構造









【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]

【送料無料】八重の桜 [ 山村竜也 ]
価格:1,000円(税込、送料別)



【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]

【送料無料】八重の桜(1) [ 山本むつみ ]
価格:1,470円(税込、送料別)



【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]

【送料無料】幕末銃姫伝 [ 藤本ひとみ ]
価格:720円(税込、送料別)


























この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)
※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

26件のコメント

  • くう
    2013年7月9日 1:45 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >会津戦争になるまでの過程はよく分かるのですが、登場人物が多すぎて特に会津の人々のことが丁寧に描き切れていないと思うので感情移入できずにいます。

    そうですか…。
    私は本などで補填しながら見ていたために、開始までにかなり入れ込んでいたので、
    その辺はついていけたのですが、始まっちゃったら何か解っている事ばかりなので
    感情移入しづらくなったという矛盾が^^;

    >ただ思うことは第二次長州征伐 西南戦争でもかなりの悲劇もあったけど 会津戦争は悲惨過ぎて何ともいえません。ドラマより映画という感じです。

    そうですね。
    戦争はどんなものでも悲惨でありますが、ドラマなのにかなりリアルに描かれていますよね。
    実際はもっと酷かったようですが…それでも見ながらご飯食べられるくらいの
    ギリギリの悲惨さで描かれていると思います^^;
    だからこそ、そろそろいいよ、と思ってしまうのです。
    みんな可哀想で…。

  • くう
    2013年7月9日 1:39 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >と言うよりも、最近の八重のスーパーマンのような活躍は、前々作を彷彿とさせて何だかなあ・・・という気がします。

    そうなんですよね…あれはあれで「戦は嫌じゃ」で視聴者をイラっとさせていた
    わけですが、これはこれでまるでヒーローみたいですよね^^;
    でも、開始前から「会津のジャンヌダルク」とかいうのが宣伝文句だった気がするので、
    仕方ないのかなぁとか…これを否定してしまったら一体この大河の
    何を見るの?と言われてしまうともう…あれ、見るとこないのかな、とか^^;

    >大蔵が入城するのも、何か戦術的に意味があったのかい、とか。

    あの場合は帰って来るだけで会津のみんなに希望を与えた、って感じなんでしょうね。
    私的にはそれもまた不憫で…
    もう希望を与えてほしくないなぁと思っちゃうんですよね。
    早く白旗上げさせてやるのが会津にとって一番の救いなのに、と。

    >何だか、会津藩はこの戦の出口を探すというより、ただ死に場所を探しているような感じですね。

    それは、最初からそうなんだと思います。
    散々利用された挙句にいつの間にか賊軍にされてしまった恨み。
    自分たちは何も悪くないのだという名誉を取り返す戦。

    全員死に果てても真実を訴えたい…その意地がここまで走らせたのだと思います。
    けれども、戦が始まってみれば仲間…とりわけ女子供までの死は予想以上の苦しみだった。
    …そんなところでしょうか…。
    死に向かうはずの戦なのに、勝ちたいと願う矛盾。
    そんな物が実際にあったのではないかと。
    人の気持ちは複雑ですね。

  • くう
    2013年7月9日 1:26 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >やはり首を切断するのはまずいと判断し、
    あのようなシーンになったのかもしれませんね(汗)
    それとも黒木メイササイドの要望があったのかも…。

    首切りを映さなくても神保雪子のシーンのように切ったと見せるだけで
    良かった気もするのですが…うーん、首は確かコウ子か優子が切って
    持って帰ったという話だった気がします。

    >たしかに大蔵の彼岸獅子のシーンはカッコ良かったと思います♪
    でも、負けると分かっているので、興奮出来ないという感じでしょうか。

    そうですね~…会津軍に希望を持たせるような展開はかえって無慈悲な気が
    してしまうんですよ 。
    早くあきらめさせてあげたくて…(ノ_-。)

  • ショコラの日記帳
    2013年7月8日 9:02 PM

    【八重の桜】第27回視聴率と感想「包囲網を…

    「包囲網を突破せよ」土曜の夕方から体調がイマイチで、偏頭痛かと思っていたのですが、熱中症だったかもしれません(汗)水を沢山飲んで、涼しい部屋で寝てたら、昨日の夕方、治り…

  • サチ
    2013年7月8日 5:47 PM

    SECRET: 0
    PASS: 2e53a55205fc3e8dbbe09f9811e48609
    会津戦争になるまでの過程はよく分かるのですが、登場人物が多すぎて特に会津の人々のことが丁寧に描き切れていないと思うので感情移入できずにいます。ただ思うことは第二次長州征伐 西南戦争でもかなりの悲劇もあったけど 会津戦争は悲惨過ぎて何ともいえません。ドラマより映画という感じです。自分は討幕派なので比較的冷静に見ていたのですが…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2013年7月8日 1:18 PM

    『八重の桜』第27回「包囲網を突破せよ」★黒河内伝五郎を残してきたのに、八重がケロッとしてる

    『八重の桜』第27回「包囲網を突破せよ」

    城に入り損ねたユキ(剛力彩芽)と妹弟と継母・秀と祖母は市中を逃れて御山在方面に向かいました。

    百姓の家があって、ユキ(剛力)が「今夜

  • カズ
    2013年7月8日 10:39 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    う~ん・・・
    ぼくもくうさんと同様に、ちょっと引いて観ているクチですね。
    と言うよりも、最近の八重のスーパーマンのような活躍は、前々作を彷彿とさせて何だかなあ・・・という気がします。

    それよりも、火薬庫を敵に取られるとは・・・
    おいおい、篭城する前に運ばなかったのかい、とか。
    大蔵が入城するのも、何か戦術的に意味があったのかい、とか。
    新政府軍にしてみれば、大蔵軍が城外でゲリラ的な攻撃をする方が嫌だったハズなんですけどね。
    何だか、会津藩はこの戦の出口を探すというより、ただ死に場所を探しているような感じですね。
    もちろん、今の価値観で判断する事は先人に対して失礼の極みである事は分かっていますが、何だかちょっとイラっとしますね。
    それとも、演出にもよるのかな?

  • 平成エンタメ研究所
    2013年7月8日 9:06 AM

    八重の桜 第27回「包囲網を突破せよ」〜今、恭順・開城せねば、会津の民は根絶やしにされる!

     <勇気>とは何だろうか?
     僕は、頼母(西田敏行)こそ<勇気>の持ち主だと考えてしまう。
     皆が徹底して戦うことを主張する中、頼母は言う。
    「このいくさに出口はねえ! 今…

  • キッドのブログinココログ
    2013年7月8日 4:42 AM

    トコトンヤレトンヤレナでごぜえやす(綾瀬はるか)

    ココログフリーが前後広告化して一週間。 読者の皆様が広告ダウンロードの表示タイムラグにイラッとしてないかと戦々恐々の日々である。 キッド自身はかなり・・・ムカッとしていま

  • ともさんのふむふむ大辞典
    2013年7月8日 12:50 AM

    八重の桜 第27回「包囲網を突破せよ」

    前回に引き続き厳しい戦いを繰り広げる会津の中にあって、今回は冴えた動きをする人が2人ほど登場します。それが八重と大蔵でした。八重は前回に引き続きスペンサー銃を使って確実…

  • しっとう?岩田亜矢那
    2013年7月8日 12:47 AM

    〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第27回「包囲網を突破せよ」 官軍の略奪・暴行はあったのか?!

    芦名星演じる神保雪が捕らわれているシーン、
    NHKなのでストレートには描いていないが
    あれは「暴行があった」という事を暗に表現しているのであろうか?

    昔から議論になってい

  • センゴク雑記
    2013年7月8日 12:16 AM

    「八重の桜」 第27回、包囲網を突破せよ

    大河ドラマ「八重の桜」。第27回、包囲網を突破せよ。
    タイトルで城から脱出する話かと思ったら、大蔵が入城することを指してたようです。
    突破っていうのかな?
    ・・・という第…

  • 昼寝の時間
    2013年7月8日 12:12 AM

    八重の桜 第27回「包囲網を突破せよ」 

    公式サイト 鶴ヶ城内にこもっている八重(綾瀬はるか)たちのもとへ、日新館が焼失し

  • 真田のよもやま話
    2013年7月7日 10:43 PM

    NHK大河ドラマ「八重の桜」第27回「包囲網を突破せよ」

    7月7日のタナバタさ~らさら~の今日放映のタイトルがこれですか!意味深!包囲網を突破して、誰が誰に会いに来るのおおっ!え、あの方?って、だめですよっ?八重様はすでに尚之助

  • オールマイティにコメンテート
    2013年7月7日 9:44 PM

    大河ドラマ「八重の桜」信念の人27籠城戦!竹子が銃弾に雪が自害し次第に追い詰められるも山川の援軍に士気が上がった

    大河ドラマ「八重の桜」第27話は籠城戦に突入した会津軍は新政府軍の激しい攻撃の前に次第に追い詰められていった。城に入場できなかった中野竹子らは新政府軍の包囲網を突破し …

  • 事務職員へのこの1冊
    2013年7月7日 9:36 PM

    八重の桜~第二十七話「包囲網を突破せよ」

    第二十六話「八重、決戦のとき」はこちら。 前回の視聴率は14.0%。もうちょっと

  • たんぼみち
    2013年7月7日 9:27 PM

    八重の桜 #27 包囲網を突破せよ

    我がPCのグーグルは、「やえの」って入れると、「ヤエノムテキ」がトップに出てくるんですけど…。

    という衝撃の事実はともかく、今回ももうなんだか言葉にならぬです…

    もう、

  • レベル999のgoo部屋
    2013年7月7日 8:57 PM

    八重の桜 第27回 包囲網を突破せよ

    『包囲網を突破せよ』

    内容
    慶応四年八月、新政府軍が会津城下に入り、八重(綾瀬はるか)たちは
    激しい闘いを繰り返していた。
    八重が髪を切り、夜襲に備えているところに、
    日新館…

  • 悠雅的生活
    2013年7月7日 8:50 PM

    『八重の桜』第27回

    包囲網を突破せよ

  • 青いblog
    2013年7月7日 8:50 PM

    八重の桜 第27回 「包囲網を突破せよ」

    やっぱりつくづく思うのは、
    女性は戦場に出るべきじゃないなっていうこと。

    どう転んでも足手まといにしかならないですよね。

    あらゆる方面でマズイ。

    物理的に考えて

  • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
    2013年7月7日 8:47 PM

    激戦 ~八重の桜・包囲網を突破せよ~

    新政府軍と旧幕府軍の激戦が続く会津。
    黒河内伝五郎が病身を押して戦うほどに激化していた。
    伝五郎もまた戦死か・・・。

    女たちもまた、戦争に協力しようとする。
    姫たちの戦

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2013年7月7日 8:47 PM

    大河ドラマ「八重の桜」 #27 包囲網を突破せよ

    八重、出撃。
    防戦一方の会津藩。
    夜襲に行く八重。
    日新館はすでに炎の中・・・。

  • ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
    2013年7月7日 8:30 PM

    大河ドラマ「八重の桜」 第27話 あらすじ感想「包囲網を突破せよ」

    篭城を決めた会津の人々。

    前回は胸が痛い話が続いたので、今回は少しだけ光が刺したかなぁ。

    笑顔が救いだった。

    敵に奪われるなら・・・という理由で、次々と会津は自決す

  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
    2013年7月7日 8:29 PM

    大河ドラマ「八重の桜」 第27話 あらす…

    篭城を決めた会津の人々。前回は胸が痛い話が続いたので、今回は少しだけ光が刺したかなぁ。笑顔が救いだった。敵に奪われるなら・・・という理由で、次々と会津は自決する者も現れ…

  • BROOK
    2013年7月7日 8:11 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >コウ子さんは首を持って帰れなかったんだっけ

    やはり首を切断するのはまずいと判断し、
    あのようなシーンになったのかもしれませんね(汗)
    それとも黒木メイササイドの要望があったのかも…。

    たしかに大蔵の彼岸獅子のシーンはカッコ良かったと思います♪
    でも、負けると分かっているので、興奮出来ないという感じでしょうか。

    残り2週に渡って描かれる会津戦争…
    結局、黒河内先生がどうなったのか、気になるところです。

  • 日々“是”精進! ver.F
    2013年7月7日 8:08 PM

    大河ドラマ「八重の桜」第27回

    彼岸獅子…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307070003/

    会津鶴ヶ城の女たち阿達 義雄 歴史春秋出版 2010-01売り上げランキング : 411884Amazonで詳しく見る by …