【カラマーゾフの兄弟】 第8話 感想

それでも逃れることなどできないぞ。
お前に流れているのは紛れもなく「黒澤の血」

俺の血だからだ!



カラマーゾフの兄弟 第8話

   カラマーゾフ
 

初回に書きましたが、原作は既読なのでなるべくネタバレのないレビューを心がけます。


帰宅が許され尋問から解放された勲と涼は、黒澤の家でまんじりともしない朝を迎える。


兄さん、僕、泣いてないんだ。一度も。
父さんが死んだというのに。

父さん、自分が死んだら泣いてくれるのは僕だって信じてた。
なのに…。


自分の冷たさを嘆く涼に勲は言う。


自分を責める必要などない。
忘れるんだ。

できないよ…そんなこと。
心にあるものを無いふりなんてできない。



小栗は、文蔵が亡くなったばかりで申し訳ないが、と2人の兄弟に後継の話をした。
黒澤地所の次期取締役社長を勲か涼が継ぐという話である。


満兄さんは?後を継ぐのは満兄さんもでしょ?

申し上げにくいのですが、加害者は被害者の財産を相続することはできません。

そんな…決め付けないでください。

どちらにせよ、満さまの結果が出るまで待つ猶予が今はございません。

分かりました。
後を継ぐかどうかはともかく、今やれることは僕が対処します。
資料を見せてください。


かしこまりました。揃えてお持ちいたします。



涼には、勲が着々と前を向いて歩いているように見えた。


入江刑事は加奈子の所にも満の事を聞きこみにやって来た。

入江から満が入れ込んでいた女がいたと聞かされた加奈子は、不安な気持ちを抱えて
勲の所に来る。


満さんのことだけど、勲君が弁護してくれるんでしょ?

僕は刑事事件は専門じゃないから、専門の弁護士を探そうと思ってる。

…そう。



加奈子は、勲に満との出会いを初めて話した。

自分の父の汚職証拠写真を満が撮ったこと。
やむを得ず身体を使ってそれを取り返そうとした加奈子に満は何もせず、
その写真も捨ててくれたこと。


そのとき知ったの。
満さんは 人の痛みが分かる真っすぐな人だって。
口では言わなかったけど、最近は一歩前に踏み出そうと真剣に考えていたんだと思う。
そんな満さんがお父さんを殺すなんて考えられない。

信じてあげてほしいの。
勲君に信じてもらえないのが、満さん、一番つらいと思う。


勲にとっては、あまり聞きたい話ではなかった。
しかし、満の無罪を信じる加奈子の力にはなってやりたい。


この前は、何も知らないで傷つけるようなこと言ったりしてごめん。
兄さんのこと、心配してくれて感謝してる。



入江刑事は、被害を受けた小栗と末松にも相変わらず聞き込みを続けている。

末松が食べて倒れたサンドイッチの中からトリカブトの毒が検出された事も
報告にやって来た。


こちらの庭にはトリカブトがありますよね?
実は、サンドイッチに仕込まれていた毒物とこちらの庭から採取した物の成分が
一致したんです。
満さんは、だいぶ前にこの家を出られていますがトリカブトがあるのはご存じでしたか?

ええ。昔から庭にありましたので。



帰ろうとする入江を勲は庭先で捕まえた。


兄はどのような証言をしてるんですか?

やってないの一点張りですが、真相を吐くまで時間の問題でしょう。

警察は、もう兄の犯行という方向で地固めをしているということですか?

そういうことです。



入江は勲に向かって例の嫌味っぽい笑いを浮かべて言った。

ところで、あなたですか?

えっ?

黒澤の後を継ぐのは?
町じゃあなたじゃないかと噂になってますが。

それはまだ決まっていません。

そうですか。
まあ、いずれにしてもこれだけの財産を残して亡くなったんですから
色々と大変でしょうな。

ええ。
できることなら刑事さんに代わってほしいくらいです。


ニコリともせずにそういう勲。
入江は勲を見つめた。


あなたでも冗談を言うことがあるんですね。

いつまでも悩んで立ち止まってはいられませんから。



夜、勲の部屋を訪ねてくる涼。
父の死を悼めないことに関して、涼の悩みは深かった。


この前、小栗さんに言われてドキッとした。
父さんの死に心を痛めてないって。
父さんを憎む気持ちがあったからかも知れない。

母さんがどうして死んだか知った時、心底父さんを許せないと思った。
兄さんはどう思ってるの?

何を感じてるのか知りたいんだ。


お前とおんなじだよ。
親父の母さんへの仕打ち許せるはずないだろ。

それに、俺たちが味わってきたことを思ったら、憎しみを持つぐらい当然だ。
そんなものは誰もが持っておかしくない感情だ。

もう思い煩うな。
これからは未来のことだけ考えていけばいい。



勲は繊細な涼のために、できるだけ優しく労わるように言葉を重ねた。

満兄さんのために何かできないのかな?

もう母さんのときのようなことは嫌なんだ。
何も知らないまま何もできないなんて。



母の時…。

勲は何も知らなかったのは自分も同じだと思っていた。

母は自分に助けを求めていたのに。

事件の日、タクシーで一度引き返して母の墓に行った勲は、心から母に謝った。
そして、再び父への憎しみが大きくなっていくのを感じた。


兄弟は3人とも同じ気持ちを抱えて生きてきた。

涼の満に対する気持ちももっともだった。


翌日、勲は涼を連れて拘置所へ行った。
面会は出来ないと断られ、勲は言う。

ええ。家族ではなく担当弁護士として会わせてください。


満はやつれて疲れ果てた様子だった。
食事もロクに摂っていないという。


あの日のことを全て話してくれ。
無実を証明する手掛かりをつかめるかもしれないから。


しかし、満は何も答えない。
うつむいているだけだ。

やがて、顔を上げた満の表情は変わっていた。

その目は挑戦的でギラギラしていて憎しみが宿っていた。


兄さん?


何が担当弁護士だ。
ふざけんな。

お前なんじゃないのか?
俺をハメたのは。


勲は耳を疑った。

兄は自分が犯人だと思っている…。


どう考えたっておかしいだろ!
俺の指紋が付いた凶器に、サンドイッチに毒だぞ。
んなことできんのお前か涼しかいないだろ。
涼がそんなことをするなんて考えられないし。

俺なら考えられるのか?

俺を憎んでるだろ。
憎んでないって言えんのか?!

お前は心の底で俺をバカにして毛嫌いしてきた。
そんな俺が加奈子を奪ったもんだから恨んでんだろ!
それを認めんのはプライドが許さないから、何でもないふりしてたんだろ。
だから久留美のときも、わざと騙されるのを高みの見物してたんじゃねえのか!

兄さん。

親父がいなくなって俺に罪かぶせて誰がいったい得をすんだよ?
お前だろ!

そんな…。

俺が!俺が分かんないとでも思ってんのか?
俺以上に親父を憎んでたのもお前だよ。
従順に尻尾振って役立つふりして。
だけどホントは嫌で嫌で仕方なかったんだ。

親父の言いなりになるしかないお前自身が!



畳みかけるように言われ続けいた勲は、満に向かって怒鳴った。

何もできないくせに分かったことを言うんじゃない!
お前みたいな能なしに言われたくないんだよ!



満は笑っていた。
悪魔のように。

お前、そっくりだな。親父に。


勲はそのまま家へ戻った。

走って走って…どう帰って来たかも覚えていない。

家に入ると、居間の文蔵の肖像が、自分を見下している。

文蔵は、今もここにいる。
見ている。大声で笑い続けている。


思い知ったか?それがお前の本性だ!

憎しみ、悪意、嫉妬、怒り、絶望。黒いものでいっぱいだ!
お前は長い長い間、俺への憎悪を糧に生きてきたんだ。

黙れ!

よく分かってるはずだ。一度生まれた殺意は成熟し、においを放つんだろ?


うるさい!
俺はお前に勝ったんだ。


ほ~ら、におい立ってるぞ!お前の体から俺への殺意が!
今やその殺意は、お前自身を蝕んでるんだ。


うわぁぁぁぁぁ!うるさい!やめろ!!

それでも逃れることなどできないぞ。
お前に流れているのは、紛れもなく黒澤の血!

俺の血だからだ!




予告の時から楽しみにしていたんですが、兄弟対決は短くも迫力ありました。
…まぁ…状況的には満さんに言われっぱなしな勲でしたが、イッチーの虐められてる
子どものような表情が素晴らしい…。

こういう顔がいつまでもできる俳優だからこの人が好きだ。
「ROOKIES」の時も何度この狼の子供のような表情にヤラれたか解りませんもん。


で、満兄さん@斎藤工さんね~凄い。

勲のこと、親父にそっくりと言っていたけど、いやいやいや…
あんたもなかなかソックリだったよ。


結局、イヤだイヤだと思っても、血は嘘をつかないということ。
憎めば憎むほど、自分たちの中にその血を見てしまうのだから、
親子って本当に厄介だ。


喋る肖像の文蔵は、何かホーンテッドマンションみたいだった。
死んでもうるさいうるさい……。

気が狂う寸前の勲からのバッサリ切るEDは、ほんと、いつもながらカッコいい。


レビュー遅れた上の短め感想。すいません。
コメントレスも遅れてます。すいません。


原作:「青空文庫」にもありますよん。もちろん無料→「青空文庫/カラマゾフの兄弟」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


~断ち切れない鎖~  

朝早くに目覚めた勲(市原隼人)はシャワーを浴びていた。父・文蔵(吉田鋼太郎)が
いなくなり、己から不穏なものが洗い流されていくのを実感する。

その頃、涼(林遣都)は大広間にいた。文蔵の遺体を発見した時の衝撃を思い出し、
苦悩していた涼は、勲に、父が死んだというのに涙が出ないことを告白する。
勲は、そんな涼の肩を抱き、自分を責める必要はないと慰めの言葉をかけた。

方、加奈子(高梨臨)は自宅で満(斎藤工)が書いた置き手紙を読み返していた。
勲から、満が文蔵殺しの容疑で逮捕されて本人も認めたらしい、と聞いていた
加奈子はその手紙のある文面が気になっていた。

そこへ、刑事・入江悟史(滝藤賢一)が相棒とやってくる。
入江から事情聴取された加奈子は、黒澤邸に勲を訪ねて、満の弁護をして欲しいと頼む。
勲は、刑事事件は自分の専門外だからと話すが、加奈子は過去に満との間にあった
“ある一件”を語り始めた…。

その晩、勲が部屋で黒澤地所の書類を読んでいると、再び加奈子から電話がかかってきた。
加奈子との会話が要領を得ないまま終わったことに不安を感じた勲は、
加奈子の部屋を訪れる。
加奈子は、満に会いに警察署へ行った際、満が好きになった女、吉岡久留美(芳賀優里亜)
を見かけたのだという。
加奈子の傷ついた様子を見た勲は…。

翌朝、勲は涼とともに満が拘留されている警察署へ向かった…。

(あらすじは「Yahoo!TV」より引用)


よろしければ→【2013年1月期・冬クールドラマ何見ます?】ラインナップ一覧とキャスト表と展望

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村 


【キャスト】

黒澤勲 … 市原隼人(イヴァン/ワーニャ)
黒澤満 … 斎藤工(ドミートリイ/ミーチャ)
黒澤涼 … 林遣都(アレクセイ/アリョーシャ)

遠藤加奈子 … 高梨臨
末松進 … 松下洸平
小栗晃一 … 渡辺憲吉

黒澤詩織 … 安藤サクラ
園田志朗 … 小野寺昭
吉岡久留美 … 芳賀優里亜
刑事 … 滝藤賢一

黒澤文蔵 … 吉田鋼太郎(フョードル)

【スタッフ】

演出 … :都築淳一、佐藤源太、村上正典
脚本 … 旺季志ずか

原作 … フョードル・ドストエフスキー


















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



カラマーゾフの兄弟第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2013年3月5日 11:03 AM

    カラマーゾフの兄弟 (第8話・3/2) 感想

    フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』(公式)の第8話『断ち切れない鎖』『(ラテ欄)断ち切れない鎖~嵌められた男』の感想。
    なお、原作である文豪フョードル・ドストエフス…

  • よしぼう
    2013年3月4日 11:44 PM

    SECRET: 0
    PASS: f48f0bc14be20a480a061d1ada7fcfd4
    こんばんは。
    トリカブトねえ・・・
    そうきましたか・・・確かに原作のあの展開は放送コードに引っかかるかもしれないし、現在はリアリティがないんでしょうね。
    あと3回なので、真犯人については完全に後出しジャンケンになるけれど、主役3人が絡んでドラマが展開していけばいいんでしょうね。

    ずいぶん勲にクローズアップが当たっているけれど、
    父の死んだあとで、肖像画の前で笑ってみたり、父の椅子に座って佇んでみたり、奇妙なシーンが前回からかなりありますね。

    それと、ラストの迫真の演技で、バツがついたかもしれないけれど、満さんが結構純情なのも加奈子とのエピソードから分かってよかったです。

    確かに、最後の満対勲の対決は、面白いけれど、どっちもどっちですね。ラストの声だけの父親の弁じゃないけれど、満も勲も「黒沢の血」から逃れることが出来ないということを示しているように感じました。

    最後にドラマが、どのようなうねりを見せてくれるのかが、とても楽しみです。

  • ぐ~たらにっき
    2013年3月4日 8:15 PM

    カラマーゾフの兄弟 #08

    『断ち切れない鎖』

  • レベル999のgoo部屋
    2013年3月4日 7:59 PM

    カラマーゾフの兄弟 第8話

    『断ち切れない鎖』
    「断ち切れない鎖〜嵌められた男

    内容
    朝早くに目覚めた勲(市原隼人)。
    シャワーを浴び、リビングに降りると涼(林遣都)がいた。
    今でも信じられない思いにも…

  • ドラマハンティングP2G
    2013年3月4日 4:45 PM

    カラマーゾフの兄弟 第8話

    2013.3.2 Sat On-Air 第8話 ~断ち切れない鎖~ ラテ欄「断ち切れない鎖~嵌められた男」  朝早くに目覚めた勲(市原隼人)はシャワーを浴びていた。父・文蔵(吉田鋼太郎)がいなくなり…

  • 櫻井8号
    2013年3月4日 3:42 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    くう様、毎回素晴らしいレビューありがとうございます!!!また、今回も男優陣の演技が素晴らしかったですね!皆さん体当たりで演技されていて、とてもドラマとは思えない迫力!

    今回は満さんの豹変ぶりがショックでした><~~
    人間追いつめられると、どうなるか分からないから怖いです・・さすがにあれはイッチー、可哀そうでしたよね・・・。

    >勲のこと、親父にそっくりと言っていたけど、いやいやいや…
    あんたもなかなかソックリだったよ。

    同感です!!私も見ながら心の中で「あんたもな!」って突っ込みいれてました。日頃は満派ですが、今回ばかりは勲にベクトルが・・やはりオヤジの呪いなんですかね・・・くう様が書かれてらっしゃったように、死してなお兄弟たちを呪縛し苦しめるカラスオヤジ・・勲でなくともあの絵、叩き壊したくなりますよね。血の呪縛というのは本当に・・・憎んでいるオヤジの血を引いていることは兄弟にとって、非常な苦しみですよね・・

    >満さんは、だいぶ前にこの家を出られていますがトリカブトがあるのはご存じでしたか?
    ええ。昔から庭にありましたので。

    また小栗さんも曲者ですよね~。トリカブトで何気に満犯行を補強しているし。どう考えてもあの満が草木に関心があるとは思えませんが・・・。私も早くに実家を飛び出しましたが、庭に生えていた草木なんぞ何があったか知りませんよ。まして、あんなどでかい黒沢家の庭なんてねえ・・しかも、なぜ一般家庭にトリカブトがある??こうなると突っ込みたくなるのですが><;;すみません。

    勲の行動も不審ですよね。親父の絵を見て不敵に微笑んだり、親父の席に座ってにやにやしたり。会社も財産も勲がほぼもらうことになるし。
    満の回想で、1話で悪魔像を手に持っていじってましたがあの時に指紋が付いたのでしょうね。それを前に座っていた勲と涼が見つめている映像。涼も釈放はされてますが決してまだ黒ではない。何気に満犯行を補強する証言をする小栗さんも怪しい。
    こうなれば一番怪しくないのは満(ただの過失傷害)で、逆に満以外全員腹に一物ありそうですよね・・怪しい。
    満が去った後、4人が偶然時間差攻撃でオヤジにダメージを与えたとか。
    まさしく「謎バカリ」の展開になってきましたね!
    予告では満のせいで、精神錯乱が悪化し、譫妄症になってしまっただろう勲さんが寝込んでいましたが、そうなると誰が満を弁護するのでしょう?なんか展開が読めなくなってきましたね!原作からは離れていくのか、ラストは同じなのか、めちゃくちゃ気になります!!!