【平清盛】第50回 最終話 「遊びをせんとや生まれけむ」感想


1181年1月清盛(松山ケンイチ)は熱病で死のフチにいた。源氏との決戦に勝利し頼朝
(岡田将生)の首を墓前に供えよと叫び清盛は世を去る。
4年後、時子(深田恭子)は「海の底にも都はある」と壇ノ浦に入水、盛国(上川隆也)は
捕虜となり鎌倉で息絶える。
そして頼朝は義経(神木隆之介)を追討し幕府を開く。

ある日、頼朝のもとを西行(藤木直人)が訪ねてくる。
頼朝は西行を通じ亡き清盛の霊と対面するのだった。

(「Yahoo!TV」より引用)


    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


第五十回「遊びをせんとや生まれけむ」

治承5年。1月。
清盛は高熱に苦しみながら寝込み、意識が戻るといつの間にか西行の前にいました。


恐らく、お手前は間もなく死ぬのでござりましょう。

と言う西行に、清盛はいきりたちます。

あるまじき事ぞ!

今死ぬという事は、皆の志を捨てるに同じぞ。
父上や叔父上。弟・家盛。家貞。我が子・重盛、基盛。
信西殿。義朝…兎丸。

わしの背負うた使命!

頼朝を倒し、再び福原に都を作るまでは死ねぬ!



そんな清盛に西行は言うのです。

その方々も皆、そうだったのではござりませぬか?

やり残した事がある。
果たせなかった思いがある。
皆、無念であった事でしょう。

されど、皆に等しく訪れるのが死というもの。
それゆえにこそ人は命尽きるまで存分に生きねばなりませぬ。

そして、お手前ほどそれを体現したお方を私は他に知りませぬ。

うれしい時、楽しい時もつらい時、苦しい時さえも、いついかなる時も、
子どもが遊ぶようにお手前は生きた。生き尽くした!

お手前の生きてこられた平清盛の一生…
まばゆいばかりの美しさにござりまする。



そして、治承5年閏2月4日。

平家のつわものたちよ。
比類なき我が一門よ。

聞くがよい。

きっと、我が墓前に頼朝が首を供えよ!



清盛は起き上がってそう叫び…

二度と、その目を開くことはなかったのでございます。


悲しみに沈む平家の前に西行が弔問に訪れます。

入道様より方々にご遺言を預かってござります。

そう言って上座に座った西行が、

維盛殿、資盛殿。

と、口を開いたかと思うと…

その姿は、いつの間にか清盛に変わっていたのでございます。

維盛、資盛。

と、優しい口調で語りかける清盛。

そなたたちは亡き重盛の血を引く者。
その心根の清さおのが宝と思うて生きよ。


そうして、清盛は平家の面々1人1人に思いやりのある優しい言葉をかけていきました。

最後に、ずっと自分のために付き従って来た妻・時子を見る清盛。

時子。

そなたこそが、わしの紫の上じゃ。



清盛亡きあと、平家は凋落の一途を辿っていきます。


頼盛は、清盛の遺言「父上と母上の血」を守るため、
一人鎌倉へ下り、源氏に投降していきます。

一門は戦で次々と命を落とし、最後に壇ノ浦に追い詰められるのでした。

何としても、これら三種の神器はお守り参らせる。
姉上。いざという時には姉上は草薙剣を!


時忠に言われ、時子は草薙剣を握りしめます。

血まみれで船室に倒れ込んできた武勇の将・知盛に

方々は、すぐに珍しき東男をご覧になる事になりましょう!

と、言われて顔を曇らせる女たち。

知盛は碇を身体に巻きつけ、敵の前で海に沈んでいきました。


さあ…
参りましょう。


女たちを促す時子。

小さな孫、安徳帝を抱きしめ、草薙剣を握り締め、時子は船の上に立ちます。

矢が飛び交う恐ろしい情景の中、幼い帝は時子に訊ねました。


尼前。朕をどこへ連れてゆくのじゃ?

…尼前、何としたのじゃ?


時子は帝を抱きしめ虚ろな瞳で微笑みます。


海の底にも、都はございましょう。


そうして、平家一門は海の底の都へ沈んだのでございます。


  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


遅くなりました……。
BS時間に見たのですが、何かもう~脱力しちゃって書く気にならなくて…。

今になって、ぼちぼち書き始めています。

これの感想を書くのも、これで最後なんですねぇ……。泣.gif

ちょっと、今期のドラマ全体最終回ラッシュ中で頭が疲れてるところなので…
日本語が所々不自由になってます。ご容赦くださいませ。長いです。笑.gif


ほぼ回想で締めくくられた最終回でした。
でも、それが全くベタでもなければイヤでもないんですよね。

何と言うか…手抜きのための回想シーンではなくて、本当に掘り起こすための
回想シーンだから。


1人生き延び鎌倉で暮らす頼盛が冒頭で源頼朝に放つ言葉。

平家は常に、一蓮托生!!

決して逃げたのではない。

清盛によって下された遺言。

きっと守り抜いてくれ。
父上と母上の平家の血を。


これを守った。だから、後世に平家の血を残す事でみんなと一緒だったのだと…。

生き残るのも、おそらく地獄です。
海の底の都でみんなに会うまでは死んだように生きていった事でしょう。


時子さまの入水シーンは美しく印象的なシーンでした。

幼い安徳帝を胸に抱きしめて入水する。

浪の下にも都の候ぞ。

は、平家物語でも有名なセリフですね。

個人的には知盛くんの最期も迫力があって良かったです。
「義経」では、阿部寛さんが演じていた、武力に長けた知盛くん。
碇を自分に巻きつけて入水する…あの最期の時を思い出しました。


海の底の都は美しかった…。


西行に清盛がのり移って遺言を1人1人に授けるのも、鎌倉まで行っちゃうのも、
この大河ならではの演出。
決してベタでも安っぽくもありません。

この遺言あってこその、最期の時まで戦い抜く力、そして時子さまの入水なんですよね。泣.gif


霊になっても出てくる清盛。
清盛がいたから武士の世が成り立った。みんなが波に沈んだ平家の都の上に
新たな武士の世を作っていったのだと主張する最終回。

考えようによっては、お綺麗すぎます。

実際には、奴らは他人のことなど考えずに成り上がるだけが目的で剣を振っていたと思うし…
平清盛って人もそんなお綺麗な人じゃない、と私は考えているので。

源氏もね。
源頼朝って人は、そんなお綺麗な人物ではないので、義経を討伐した経緯も
たぶんそうとうドス黒いです。

でもね。これで良かったと思っています。

だって、壇ノ浦は悲劇です。平家の終りは悲劇です。滅亡するのですから。
でも、今のこの時代に悲劇だけ見せて何になるのか。

実際には、壇ノ浦後の源氏の話は要らないのです。平清盛の物語なのだから。
だけど、あれが無ければ未来に希望が持てないんですよね。

滅びる者の上に立つ者たちが世を繋いでいく。ずっと繋がっていくんだという事を描く。
過去の人が作った時代は、ずっと今も続いていて滅ぶことは永遠にないのだという事。

源氏が描かれ、その後も語られるからこそ、このパワフルな時代と繋がっている現代にも
希望と力を見せろ、というメッセージになるのです。


本当に凄い大河でしたね。
魂を海の底に持っていかれるような最終回でした。

素晴らしい脚本でした。

大河ドラマは子どもの頃から見ていますが、最終回でこんなに全て懐かしく感じ、
まるでずっと人の一生を見てきたような気持ちになる大河は初めてです。

回想シーンは自分が体験してきた事のように懐かしく、見ているだけで泣けてくるように
感じられるものばかりでした。

大河ではお決まりのゾンビ演出も、この大河にかかるとリアルに霊を見ているようでした。

登場人物の臨終シーンは、視聴者を泣かせるためのものではなく、いつも
何かしらの衝撃を受けました。
人の死さえもがきちんと物語の重要な一部でした。

いわゆるベタな臨終シーン。ベタな回想シーンではなかったという事です。

ダークファンタジーにして、リアルな描写の数々。
ハッキリと目に焼き付いているシーンがいくつもあります。

キャラクター作りの技がまたお見事でしたね~。
もう1人1人のキャラが強烈で。まさしく「少年漫画大河」でした。

スタッフの皆さん、そして役者さんが一緒になって1つのキャラに命を吹き込んでいったのかと
思うと、全力でみんなで取り組まれていたんだなぁと…
そのパワーが作品全体から感じられてるのも当然かと思います。

Twitterでは各キャラクーのbotさんが出来て、それをフォローするのもまた楽しかったです。笑2.gif


また、私は、この大河のおかげで「大河ドラマは一年間じっくり見る」という事を覚えました。

この大河が始まってしばらくは、私の評価は大して良くない物でした。
主人公は中二病でいつもうるさくわめき散らし「いつまで「血が血が」言ってんだよっ!」
平氏だ源氏だって馬くらべなんかしやがって、いつまで青春やってんだ

と思いながら見ていました。笑.gif

朝廷のドロドロ描写や璋子さまが面白い、という以外に見どころを感じなかったのです。

保元の乱前辺りからぐいぐい引き込まれ始め、気づいたら毎週のようにゾクゾクしながら
見ている自分がいました。
引き込まれては泣き、ウキウキし、もうドップリはまり込んでいきました。

そして終盤に入り、自分が「なんだこれ」と思っていた最初の方のシーンさえ、
神業で回収されていく様は鳥肌ものでした。

見続けていたからこそ、この感覚を味わえたんですよね。
ほんっとーーーーに見ていて良かったと思います。


言い続けていたらキリがないほど、後から後から言いたい事が浮かんできます…。

たぶん、この先、一生このレベルの大河ドラマには巡り合えないと思います。


来年の大河「八重の桜」も、好きな人ばかり出ているので一応の期待はしています。
予告の映像も迫力と臨場感があって美しかったし…。

ここまで夢中になれる大河だといいなぁ…と心から願って……。

この1年を〆させていただきたいと思います。


スタッフの皆さま、キャストの皆さま、素晴らしい大河をありがとうございました。
視聴率、何のそのです


大河ブロガーの皆さまにおかれましては、今年も1年お疲れ様でした。
来年もよろしくお願いいたします。


【関連記事】
【平清盛】番外感想記事 源義朝・玉木宏さんスタジオパークゲスト回まとめ

よろしければ→【2013年1月冬期ドラマ一覧】ラインナップとキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ
にほんブログ村



※キャスト

平清盛(平太) … 松山ケンイチ(幼少期:前田旺志郎)

平重盛 … 窪田正孝(少年期:平岡拓真 / 幼少期:亀元太→丸山歩夢)
平宗盛 … 石黒英雄(少年期:草川拓弥 / 幼少期:黒澤宏貴→馬渕誉→村山謙太)
平知盛 … 小柳友(幼少期:須田琉雅 / 2歳:中澤虎太郎)
平頼盛 … 西島隆弘
平忠度 … ムロツヨシ
平時忠 … 森田剛
平経盛 … 駿河太郎
平教盛 … 鈴之助
平重衡 … 辻本祐樹(少年期:新田海統)
平維盛 … 大西勇哉
平資盛 … 大西健誠
重三郎 … 石井蓮

平盛国(鱸丸) … 上川隆也(幼少期:小林廉)
兎丸 … 加藤浩次(幼少期:前田航基)
小兎丸 … 高杉真宙(幼少期:小野伶広)
桃李 … 柊瑠美(少女期:山口愛)
伊藤忠清 … 藤本隆宏
平貞能 … 田口浩正
平宗清 … 梶原善

時子 … 深田恭子
滋子(建春門院) … 成海璃子
経子 … 高橋愛
徳子 … 二階堂ふみ(少女期:内田愛→川嶋紗南)
秀子 … 海老瀬はな
波子 … 岩田さゆり

須磨 … 駒塚由衣
明子 … 加藤あい
宗子(池禅尼) … 和久井映見

平忠盛 … 中井貴一
平正盛 … 中村敦夫
平忠正 … 豊原功補
平家盛 … 大東駿介(幼少期:藤本哉汰)
平基盛 … 渡部豪太(少年期:末岡拓人 / 幼少期:池田優斗)
平家貞 … 中村梅雀
平盛康 … 佐戸井けん太
平維綱 … 尾美としのり

源頼朝(語り) … 岡田将生(少年期:中川大志 / 幼少期:君野夢真→横山幸汰)
政子 … 杏
源頼政 … 宇梶剛士
常盤御前 … 武井咲
源義経 … 神木隆之介(幼少期:土師野隆之介)

鬼若 … 青木崇高

伊東祐親 … 峰竜太
八重姫 … 福田沙紀
伊三郎 … やべきょうすけ
北条時政 … 遠藤憲一
安達盛長/藤九郎 … 塚本高史

源義朝 … 玉木宏
源為義 … 小日向文世
源義平…波岡一喜
源為朝 … 橋本さとし
由良御前 … 田中麗奈
鎌田通清 … 金田明夫
鎌田正清 … 趙珉和

後白河天皇(雅仁親王) … 松田翔太
高倉天皇 … 千葉雄大(幼少期:三谷翔太)
以仁王 … 柿澤勇人

八条院暲子 … 佐藤仁美

祇園女御 / 乙前 … 松田聖子

白河法皇 … 伊東四朗
舞子 … 吹石一恵
鳥羽上皇 … 三上博史
崇徳天皇 … 井浦新(幼少期:桑代貴明)
近衛天皇 … 北村匠海
二条天皇 … 冨浦智嗣
重仁親王 … 雄大

統子内親王 … 愛原実花
得子( 美福門院) … 松雪泰子
璋子(待賢門院) … 檀れい
堀河局 … りょう
御影 … 横山めぐみ

藤原基房 … 細川茂樹
藤原兼実 … 相島一之
藤原成親 … 吉沢悠
西光(藤原師光) … 加藤虎ノ介

藤原長実 … 国広富之
藤原忠実 … 國村隼
藤原忠通 … 堀部圭亮
藤原頼長 … 山本耕史

信西(高階通憲) … 阿部サダヲ
高階通憲妻・朝子 … 浅香唯

藤原家保 … 渡辺哲
藤原家成 … 佐藤二朗
高階基章 … 平田満
藤原季範 … 山口良一
藤原信頼 … 塚地武雅
藤原惟方 … 野間口徹
藤原基実 … 村杉蝉之介

藤原秀衡 … 京本政樹
藤原泰衡 … 小林高鹿

西行(佐藤義清) … 藤木直人
周新 … 桜金造
淡海 … 植本潤
趙 … 住田隆

朧月 … 隆大介
滝次 … 河原崎建三
国松 … 白倉裕二
時松 … 内野謙太
蝉松 … 原勇弥
荒丹波 … 八田浩司
麒麟太夫 … 須加尾由二
資遠 … 真島公平



↓おすすめ!
【送料無料】平家物語の女性たち新装版

【送料無料】平家物語の女性たち新装版
価格:580円(税込、送料別)








【送料無料】平清盛のすべてがわかる本

【送料無料】平清盛のすべてがわかる本
価格:1,260円(税込、送料別)



【送料無料】平清盛をあやつった女たち

【送料無料】平清盛をあやつった女たち
価格:693円(税込、送料別)



【送料無料】平清盛と平家の女たち

【送料無料】平清盛と平家の女たち
価格:1,000円(税込、送料別)






※「Twitter」ID「kukucoo」です。
大量ドラマツィートに耐えられる方はフォローよろしくお願いします~ハート.gif




この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

46件のコメント

  • くう
    2013年1月15日 4:50 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    お久しぶりーーー!
    いやぁコメントありがとう~( 〃▽〃)
    今年もよろしくです^^

    >信じられないほどの低視聴率でしたが、脚本も演出も出演者の熱演も
    何もかも素晴らしいものでした。

    うん。良い大河でした。
    私は近年でここまでハマった大河はないよ。
    「龍馬」も好きだったけど、こっちはもう~キャラの皆さまが愛おしくて愛おしくて…
    今でも共にいるような気持ちだもの。
    今年の「八重」の出来が今のところ良いおかげで喪失感は救われたけど、
    清盛の後が「江」だったりした日にはNHKに1人抗議デモに行っちゃってたかも…

    せるふぉんさんも、また書いて下さいよ~。
    そうそう、殿が「ぐるナイ」の新レギュラーになったというのに、あたしゃそれも
    語りたかったのにーー!
    って大河と全然関係ないけどw
    せるふぉんさんの復帰を楽しみにしてます^^

  • せるふぉん
    2013年1月14日 9:07 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    時期外れのコメント、失礼します。
    あけましておめでとうございます。
    たぶん今年は色々お世話になるかと思います。

    くうさんの「平清盛」の感想見て、ほんとに嬉しくなりました。
    第一回から、ものすごい期待をして見て
    予想通りの出来に狂喜乱舞し、この一年でたった一本だけ
    最期まで見届けたドラマでした。

    本当に出会った事に心底感謝しているドラマです。
    わたし自身の事とダブる事がたくさんあり、何度も助けられました。
    信じられないほどの低視聴率でしたが、脚本も演出も出演者の熱演も
    何もかも素晴らしいものでした。

    なにより松ケン、ほんとに素晴らしい才能の持ち主。
    長い撮影の後のこの評価は本当にむごいけれど、いつか見直される事があるといいな!と思います。

    くうさんも今年一年がんばって!

  • くう
    2013年1月8日 12:16 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    コメントありがとうございます^^

    >本当に魅力的な大河でした。私は「独眼竜正宗」以来の完走です。

    私は大河だけは脱落したことないのですが、やはり辛い物はいくつもありますね~^^;
    何で私は今これを見てるんだろうっていう大河を1年続けて、愚痴感想まで書くのはストレスです。
    「独眼竜」良かったですよね~^^
    私は「新選組!」は、やっぱり好きでしたわ~。
    「龍馬」も、ぶつぶつ言ってたけど好きなんです^^;
    でも、「清盛」の凄さは今までの大河とは性質が違いますね^^

    この面白さがどうして伝わらないの?というそのお気持ち、同感です。
    私も、こうやって自分と同じようにこの大河を好きになってくれた方のお話を
    聞けることは嬉しいです。
    こういう時、ブログやっていて良かったと思えます^^

    >納得させられた最終回でしたね。松山ケンイチさんの最後に
    一転したあの笑顔にやられました。凄い俳優さんだなと思います。

    そうですねぇ。
    ほんと、ラストの松ケンを見て、本来ならこの年齢の笑顔なんだよね…と思いました。
    すごい役者さんですよね。

    こちらこそ、ありがとうございました^^

  • orugann
    2013年1月7日 10:57 PM

    SECRET: 0
    PASS: dcba4218bb14e52187f69f70a28307f5
    はじめまして
    本当に魅力的な大河でした。私は「独眼竜正宗」以来の完走です。
    今まで1年間、ずっと見続けることが苦手で・・・飽きることなく
    どんどん引き込まれていきました。

    家族は「新撰組」が一番だと思っていたが、「平清盛」が今までで
    一番面白いと^^ この面白さがどうして伝わらないのだろう?と
    不思議な感じで、世間の評判とは??でした。

    くうさんの感想を読んで、同じこと感じている人もいるのだと
    うれしくなりました。オープニングのシーンも素敵でした。

    >魂を海の底に持っていかれるような最終回でした。
    納得させられた最終回でしたね。松山ケンイチさんの最後に
    一転したあの笑顔にやられました。凄い俳優さんだなと思います。
    今頃遅くにすみません。 ありがとうございました。

  • くう
    2012年12月30日 7:24 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    コメントありがとうございます^^

    >大河を見続け20年
    長らくベストワンは『新撰組!』だったけど今回の大河はそれを軽く越える素晴らしさでした!

    あーー私も同じです~。
    たぶん、今までのベストが「組!」で次が「龍馬」かな。
    今は「清盛」が抜いたと思います。

    >それに妙な懐かしさは私も感じましたよ

    自分がずっとこの時代を見てきたような感覚を誰でも感じる大河だったという事ですね^^

  • くう
    2012年12月30日 7:21 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >昨日やっと最終話まで見終わりました。

    おつかれさまです(^^)/

    >私、松ケン大嫌いで、三上さん目当てに仕方なく見始めたんですけど、結局上皇様が亡くなられてからも見続けてしまいました。
    てか止められないおもしろさでしたもん。
    あろうことか松ケンちょっと好きになってますもん。

    あろうことかってwww
    いや、私はね、大ファンというわけではありませんが松山ケンイチという役者の
    素晴らしさは本物だと思っています。
    ので、この清盛も本当に凄かったなぁって^^
    三上院も凄かったですよね~。
    本当にキャストから何から何まで素晴らしい大河でした。

    >どっとかというと女性好みの描き方だったかもしれませんね。
    主人は全然おもしろくないって言ってました。

    あっ、ウチのダンナも面白くないのだそうです^^;
    ウチの人の場合は、戦国や幕末が好きで平安と言う時代が全く解らないらしいです。
    うん。元々、平安という時代背景が女子好みかも知れません。

    >人の評価なんてどーでもいいんです。
    自分が面白くて感動できるのが一番だし。

    ですよねっっっ!!!
    私は私が面白かったのでそれで良しとします。

    >くうさん、一年間お疲れさまでした。
    来年も素敵なレビュー楽しみにしてますね^^

    ありがとうございます。
    来年もこんなにハマりこめる大河になる事を祈りましょう(^^)/

  • カズ
    2012年12月29日 8:02 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    遅ればせながらの感想を
    大河を見続け20年
    長らくベストワンは『新撰組!』だったけど今回の大河はそれを軽く越える素晴らしさでした!
    最終回はBS、本放送、再放送と三回も見ました
    全てが素晴らしかったですね
    それに妙な懐かしさは私も感じましたよ

  • さとぴー
    2012年12月28日 4:41 PM

    SECRET: 0
    PASS: 0bc63e6db05a8af94c44fe0e1898590e
    昨日やっと最終話まで見終わりました。
    私、松ケン大嫌いで、三上さん目当てに仕方なく見始めたんですけど、結局上皇様が亡くなられてからも見続けてしまいました。
    てか止められないおもしろさでしたもん。
    あろうことか松ケンちょっと好きになってますもん。
    あと、深キョンも最期のシーンの美しさで演技の拙さ、私の中で帳消しになりました(๑≧౪≦)
    やはりこれまでの大河にない繊細な演出(脚本?)が魅力だったからですね。
    どっとかというと女性好みの描き方だったかもしれませんね。
    主人は全然おもしろくないって言ってました。
    私みたいなミーハーで正統派大河あんまり見ない派には受けたのかも・・・。
    なにせ今まで龍馬伝と新選組くらいしか見たことないので(^_^;)

    最後のシーン、みんなが笑顔で迎えるあたりはタイタニックみたいでジーンときちゃいました。
    人の評価なんてどーでもいいんです。
    自分が面白くて感動できるのが一番だし。

    くうさん、一年間お疲れさまでした。
    来年も素敵なレビュー楽しみにしてますね^^

  • くう
    2012年12月27日 4:40 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    お仕事お疲れ様でした(^^)/

    >もぅ、ひたすら号泣で・・・
    特に最終回は、なんというか、演出・映像・音楽のスケールが大きくて映画を見ているかのような感覚でした。

    ですよね~…すごいなぁ藤本さん。
    始めはちょっと源氏がフューチャーされすぎている感じもしましたが、
    源氏を描く事でその後も続いていくという事を描かれたんですね。素晴らしい構成。

    >昨日・今日と大河・高校教師・悪夢ちゃんを見続けて、かなり放心状態です(^^;)

    それは…方針もすることでしょう( ̄∇ ̄;)
    高校入試の最終回が本当に楽しみ~。今期はいいクールでした。

    Rino_oさんもレビューお疲れ様でした。
    千葉ちゃん帝、美しかったですよね(;_:)

    来期も見ます見ます。私もまだ平家ボケ状態ですが^^;

  • キッドのブログinココログ
    2012年12月27日 7:22 AM

    真に美しく舞うたらば華の園まで遊ばせん(深田恭子)

    歴史が常に勝者のものである以上、敗者は汚される。 逆に言えば敗者を讃えるものには一種の美徳がある。 現在の東アジア諸国の下品さはこれを欠くものである。 いつの時代にも怨念は…

  • Rino_o
    2012年12月26日 11:35 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ちょっと仕事でバタついてまして、ようやく最終回を見ることがきました。
    もぅ、ひたすら号泣で・・・
    特に最終回は、なんというか、演出・映像・音楽のスケールが大きくて映画を見ているかのような感覚でした。
    昨日・今日と大河・高校教師・悪夢ちゃんを見続けて、かなり放心状態です(^^;)

    1年間、レビューお疲れ様でした!!!
    八重の桜、私も見ますよー!
    まだ頭が切り替えられませんがww

  • くう
    2012年12月26日 1:50 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >映像の暗さや視聴率のことばかり言われた大河でしたが、ずっと見ていると面白い部分も多かったですよね。とりわけ、ここ数回の伏線回収は、おっしゃるとおり凄かったです。

    映像の件は全く好みの問題ですよね。平安という時代を映しだすのにもっとも適した
    色調で描かれてきた大河だと思っています…けど、どこかの知事にはお分かりにならないようで残念です。
    ストーリーもずっと見ていればその良さが解るのに…みんな見てよって思いました。もったいない(;_:)

    >来年の作品はまだ書くか決めてませんが、第1回は見ますし、くうさんの記事も必ず拝見いたします。

    ありがとうございます~^^
    大河の記事は、どんなツッコミ大河でも必ず書きますので来年もどうぞ
    よろしくお願いいたします^^

    ふるゆきさん、今年も1年間ありがとうございました。
    どうぞ、良いお年を~^^

  • くう
    2012年12月26日 1:43 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >兵庫県知事の余計な一言が内容の伴っていた大河を台無しにしてしまったのが唯一残念なところですが、必ず時が経た時この大河が再評価される事を信じたいと思います。

    あの人、終わってまでもまた同じコメント出してましたよね。
    公の人があんなコメント出して良いんでしょうかね。
    NHKが、こんな人に動じずに作品作りを貫いてくれたことには心から感謝したいです。

    >次作は私にとって隣県ですが、色々考えると会津を舞台にする事でどれだけ注目されるのか難しい所でもありますが、福島再生の足掛かりになる作品になってほしいと思います。

    隣県なのですか~。
    では、特集などのロケを見れるかもしれませんね。
    来年の大河には色々な意味で期待するところが大きいですね。

    ぜひ、また来年もよろしくお願いいたします^^

  • くう
    2012年12月26日 1:39 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >終わってしまいましたね(しんみり…)

    そうですね~…2日経ってもまだ余韻が……(;_:)

    >ダーク入道になって「あぁ、純粋な高平太の頃が懐かしい…」と思った視聴者の気持ちに応えるかのようなエンディング。
    皆に遺言を伝える場面、「わしの紫の上じゃ」に時子と一緒に号泣しました(T-T)

    あんたまで源氏物語出すか!?とツッコみながらウルウルしました~。
    エンディングの平太の笑顔、最高に可愛かったです!

    >禿のリーダー、琵琶法師になってましたね(驚)

    そーなんですよ!
    顔を見て「あっ禿」と叫んでしまいました。←まじで^^;
    目が見えなくなっていたみたいでしたが…何かやられたのかなぁ(;_:)

    >宗盛の回想で「木下に乗ろうとして尻餅をつく」シーンがありましたが、あれは石黒君の案で、初陣で腰を抜かしたのを踏まえた演技だそうで「本編でカットされてて残念です」と神戸PVで話されてたのです。ちゃんと放映されて、さぞや石黒君も喜んでおられることでしょう♪

    最後の最期で宗盛の情けなさが報われましたね( ̄∀ ̄)
    いや、役者さんも皆さま本当にお疲れ様でした。

    >実は最初の頃ちゃんと観てなかったのですが、「血曼陀羅」のあたりで一気に引き込まれどんどん嵌まってしまいました(私も「組!」以来)

    私は龍馬もかなり好きだったので(主に土佐勤王党の終りまでですが^^;)
    あれ以来ですかね~。
    本当に素晴らしい大河でした。

    >心ないバッシングに胸を痛めていた時に、くうさんのレビューを見つけました♪こちらで感動を共有させて頂き、楽しませて頂きました♪本当にありがとう!

    こちらこそ、心無いバッシングにムカムカしていた時に、共感するコメントを頂けた事には
    勇気づけられました。ありがとうございました!

    >「八重の桜」も、こんな風に語り合えると良いですね~♪
    年末年始はお忙しいでしょうが、お体ご自愛くださいませm(__)m

    ありがとうございます!えりぃさんも、良いお年をお迎えくださいませ。
    来年も…とりあえず大河の感想はどんな感じになっても一応書くので
    よろしくお願いいたします~(_ _)

  • くう
    2012年12月26日 1:28 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >登場人物、一人一人を思い起こすと懐かしい気持ちになる大河は、私もウン十年大河を見続けてきて初めてです。

    ですよねー。仲間がいてうれしいです( 〃▽〃)
    この感覚は何なんでしょうね。
    ずーーっと体感してきた感じですよね。

    >最初はこれだけのキャストを揃えていながら、なぜ…というもやもやした状態でしたが、壮大な人生絵巻のほんの一端だったんですよね。

    それも同じ思いです。
    その一端だったって事も後々とから気付かせてくれる回収力がすばらしい^^

    >次の大河は会津藩!楽しみにしています。

    予告を見た限りでは期待できそうな映像ですよね^^
    あとはストーリーですか…。
    好きな役者さんが多いので、ぜひ良い作品をと願っています!

  • くう
    2012年12月26日 1:23 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >年末!!って感じですね(笑)

    大河が終わると1年の終りですもんね~…
    はぁ…まだ年賀状も終わってない私は一体( ̄∇ ̄;)

    >始めから楽しかったですが、やはり保元の乱以降がグイグイきてました。ところどころに伝説的な描写もあって、でもわざとらしくなく、まさしくファンタジーでした。

    最初からグイグイ引き込まれてたとい方も多いんですよね。
    私もそうだったらもっと楽しかっただろうな~。
    今から最初から全部見直したいです(>_<)

    >最後の小兎丸で終わるあたり、頼朝が挙兵する時の爽やかな風を吹かせてくれた感じで、気持ちがよかったです。

    頼朝が最後に鎌倉時代から室町に入る事を言っていたので、小兎丸のあの姿は倭寇なんですかね。
    おかんも一緒に船に乗ってたけど~^^;
    時代は変わって受け継がれていくって事かな。父も海賊だった。
    小兎丸も海に戻ったということですね^^

  • くう
    2012年12月25日 9:14 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >私も思わず阿部さんの姿が脳裏に甦りました。
    小柳さん演じる知盛も良かったですよね。
    迫力ある演技をしていたと思います。

    顔付きまで阿部ちゃんの知盛に似てましたよね~!
    必死の形相がすごく良かったですね^^

    >全体を通して、かなり異色だったことはたしか…
    低視聴率ばかりが騒がれていましたが、
    識者からの評判も良く、某歌舞伎役者も褒めていましたね。
    後々に評価される作品だと信じたいです。

    特にネットニュースがうるさかったですね~^^;
    ネットニュースで色々騒がれ、それに乗って2ちゃんやTwitterが
    色々拡散するという…とても解りやすい構図になっていました。
    見ていればただ面白かったのにね。

    >では、1年間お付き合いくださり、ありがとうございました。
    一応来年の大河ドラマもレビューしていく予定でいます。
    幕末ものが好きなもので…♪
    ただちょっとオダギリさんは苦手かも…。

    こちらこそありがとうございました。
    BROOKさんとは、まだ年内に映画の方でお会いする予定です…
    (そうなるように頑張ります^^;)

    私はオダジョも楽しみなのです~( 〃▽〃)
    来年もどうぞよろしくです。

  • くう
    2012年12月25日 8:51 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >1年間通してみて、初めて分かる、繋がる・・・そんな大河でした。

    私ら、見ていて良かったですよね、ほんと(;_:)
    まぁ私の場合は大河は途中で止めるってことはないですが、最初に
    乗り切れなかったので、ここまで名作になるとは思いませんでした~。

    >まさに人の一生だったのではないかなぁと、清盛と、平家と同じように時を過ごしてきた感覚です。

    ( ゚ー゚)(。_。)ウンウンこんな大河は初めてです。

    >外野はやれ視聴率が悪いだなんだと色々言いますけど、これほど見終わってからの充実感がすごい大河も久しぶりだったなぁと。

    ほんっと色々と言われ続けましたよね…。
    言っているのは見てない人なんですよね。
    見ている人なら何を言おうが仕方ないと思いますが、全く意味の解らない
    ネットニュースの記事には頭に来ましたわ。

    >なんか勝ち組み的なノリですけど、それでいいんじゃないかなぁと思いました。

    そういう事ですよね(⌒▽⌒)
    ウチらは勝ち組って事で!

    >最後まで意思を貫いてくれたスタッフとキャストの皆さんに本当拍手です!!

    私もそう思います。
    本当に素晴らしい大河をありがとうです!

  • ふるゆき
    2012年12月25日 8:38 PM

    SECRET: 0
    PASS: 5cbfda3eaf5f1e17073fcc7b99027d2a
    くうさん、1年間お疲れさまでした。
    最終回まで油断のできなかったドラマも、ついに終わりました。
    映像の暗さや視聴率のことばかり言われた大河でしたが、ずっと見ていると面白い部分も多かったですよね。
    とりわけ、ここ数回の伏線回収は、おっしゃるとおり凄かったです。

    来年の作品はまだ書くか決めてませんが、第1回は見ますし、くうさんの記事も必ず拝見いたします。
    ともあれ、1年間どうもありがとうございました。
    2013年も、くうさんに、皆さんに良い年となりますよう。

  • くう
    2012年12月25日 8:08 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >終わってしまいましたね~・・・

    終わっちゃいましたね~……まだ思い出すと何か変な感じですよ。
    海の底にいる感じ( ̄∇ ̄;)

    >ええ、歴史上の出来事を張り合わせた大河ではありませんでした。
    歴史は人が作っていくんだ、ということを実感させてくれた大河だったと思います。

    そうなんですよね!
    歴史を題材にして1年間壮大なストーリーを作ってくれたって感じです。
    藤本有紀さん、ほんとうに凄いですね~。

    来年は題材的には全く興味ないのです^^;
    でも、はるかちゃんも好きだし、とにかく、ニシジ、綾野くん、長谷川さん…
    と、キャスト目当てで見てみます。
    来年の大河もよろしくお願いします(^^)/

  • みやさとの感想文と(時々)感想絵
    2012年12月25日 6:29 PM

    平清盛 最終回感想

    ついに最終回となりました。あの、まず書いていいですか。エンディング、・・・何のタイタニック?(^^;)と思った方は少なくないと思うのですが(^0^;;)いや〜〜、海賊王に俺はなる!、で…

  • NelsonTouchBlog
    2012年12月25日 6:51 AM

    平清盛&勇者ヨシヒコ2章&キョンシーガール最終回感想

    ■平清盛最終回
    まさかの壇ノ浦の戦いまでやるとは思っていなかったから、うれしいサプライズの最終回でした。
    西行が清盛の遺言として伝えているのを、画面上では清盛が直接皆に

  • ショコラの日記帳
    2012年12月25日 12:01 AM

    【平清盛】最終回(第50回)視聴率と感想・…

    【最終回の視聴率は12/25(火)追加予定】最終回「遊びをせんとや生まれけむ」年末年始に「平清盛」総集編を放送します。(公式HPより)【BSプレミアム】12/30(日) PM6:00~7:00 第1…

  • みはいる・BのB
    2012年12月24日 7:57 PM

    平清盛 最終回「遊びをせんとや生まれけむ」

    大河ドラマ『平清盛』ついに最終回(第50回)です。
    大河ドラマが終わると、いよいよこの一年も終わりやなぁ・・・との思いが強くなります。

  • PGM21
    2012年12月24日 7:41 PM

    SECRET: 0
    PASS: 7c2d6aebb7fa17c3aa9f788677011620
    何時もお世話になっております。

    作品として見所も多かったし、何よりこれまで知らなかった時代を見届ける事が出来た事がこの1年非常に良かったです。
    兵庫県知事の余計な一言が内容の伴っていた大河を台無しにしてしまったのが唯一残念なところですが、必ず時が経た時この大河が再評価される事を信じたいと思います。

    次作は私にとって隣県ですが、色々考えると会津を舞台にする事でどれだけ注目されるのか難しい所でもありますが、福島再生の足掛かりになる作品になってほしいと思います。

  • オールマイティにコメンテート
    2012年12月24日 7:35 PM

    大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男の最期わしは時代を変えた!例え身が滅びようともその魂は一門を超えて受け継がれた

    大河ドラマ「平清盛」最終話は清盛が熱病で危篤状態の中西行の前に清盛が現れ、生霊として西行に一族に遺言を託した。その直後清盛は頼朝の首を墓前に供えよ!と遺言を残して絶命 …

  • 青いblog
    2012年12月24日 7:00 PM

    平清盛 第50回 「遊びをせんとや生まれけむ」

    「最早これまで」 「問答無用!」 この二つの言葉を一度でいいから人生のどこかで違和感なく使ってみたいんです。 無理かなぁ? 歴史物、時代劇のかっこ良さ、醍醐味って、この

  • Flour of Life
    2012年12月24日 6:31 PM

    「平清盛」第50話。

    あそびを〜せんとや〜うまれ〜けむ〜1年間続いた「平清盛」も今週で最後です。

  • 西京極 紫の館
    2012年12月24日 6:26 PM

    遊びをせんとや生まれけむ

    スタート直後、神戸市長から「画面が汚い」だの「地味」だのいろいろ難癖をつけられ、
    超低視聴率のまま迎えたNHK大河ドラマ平清盛最終回。

    そんなに出来は悪くはなかった。

    主演の

  • えりぃ
    2012年12月24日 12:35 PM

    SECRET: 0
    PASS: 44bbb2e627538f863d2e1deec301aba7
    終わってしまいましたね(しんみり…)

    ダーク入道になって「あぁ、純粋な高平太の頃が懐かしい…」と思った視聴者の気持ちに応えるかのようなエンディング。
    皆に遺言を伝える場面、「わしの紫の上じゃ」に時子と一緒に号泣しました(T-T)
    禿のリーダー、琵琶法師になってましたね(驚)

    宗盛の回想で「木下に乗ろうとして尻餅をつく」シーンがありましたが、あれは石黒君の案で、初陣で腰を抜かしたのを踏まえた演技だそうで「本編でカットされてて残念です」と神戸PVで話されてたのです。ちゃんと放映されて、さぞや石黒君も喜んでおられることでしょう♪

    実は最初の頃ちゃんと観てなかったのですが、
    「血曼陀羅」のあたりで一気に引き込まれどんどん嵌まってしまいました(私も「組!」以来)
    題字・音楽・美術の素晴らしさ、キャスト・スタッフの情熱に感動した一年でした。

    心ないバッシングに胸を痛めていた時に、くうさんのレビューを見つけました♪
    こちらで感動を共有させて頂き、楽しませて頂きました♪本当にありがとう!
    「八重の桜」も、こんな風に語り合えると良いですね~♪
    年末年始はお忙しいでしょうが、お体ご自愛くださいませm(__)m

  • shaberiba
    2012年12月24日 11:55 AM

    平清盛 第50回/最終回「遊びをせんとや生まれけむ」

    我が一門よ。きっと、我が墓前に頼朝が首を供えよ–!
    そんな言葉を残して清盛遂に逝く—-。

    その後の平家の悲しい末路を見ることなく逝ったことは
    案外幸せなことだったのかも

  • 世事熟視〜コソダチP
    2012年12月24日 11:14 AM

    『平清盛』最終回「遊びをせんとや生まれけむ」★高熱で氷が蒸発!!

    『平清盛』最終回「遊びをせんとや生まれけむ」

    「都落ち」「立ち往生」など、慣用句の語源の勉強にはなりました。
    (「都落ち」だと思った”指原”の場合は、「焼け太り」かもし

  • 平成エンタメ研究所
    2012年12月24日 9:38 AM

    平清盛 最終回「遊びをせんとや生まれけむ」〜わが墓前に頼朝が首を備えよ!

    「わが墓前に頼朝が首を備えよ!」
     これが清盛(松山ケンイチ)の最期の言葉。
     この言葉の後にバタリと倒れ、絶命する。
     何という最期だろう。
     これまでの大河ドラマの主人

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2012年12月24日 8:56 AM

    大河ドラマ「平清盛」 #50 遊びをせんとや生まれけん

    いよいよ最終回。
    清盛の死、そして平家の滅亡。

  • 真田のよもやま話
    2012年12月24日 8:43 AM

    NHK大河ドラマ「平清盛」第50回の最終回「遊びをせんとや生まれけむ」

    いよいよ最終回!某YAH○○のトピックスにはプロデューサー様の釈明・・ゲフン、い、いえいえ、製作者としての振り返りが出てましたねえ。視聴率低迷・・とか、最初の頃の汚れた画面…

  • わかば
    2012年12月24日 8:04 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    <全て懐かしい
    その通りですよね!登場人物、一人一人を思い起こすと懐かしい気持ちになる大河は、私もウン十年大河を見続けてきて初めてです。最初はこれだけのキャストを揃えていながら、なぜ…というもやもやした状態でしたが、壮大な人生絵巻のほんの一端だったんですよね。
    いつも楽しみにのぞいている他のみなさんの最終回感想アップが軒並み遅れているのも、きっと
    <脱力しちゃって書く気になれない
    のだろうなぁと思ってみています。

    次の大河は会津藩!楽しみにしています。

  • ぺい
    2012年12月24日 7:38 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    年末!!って感じですね(笑)始めから楽しかったですが、やはり保元の乱以降がグイグイきてました。ところどころに伝説的な描写もあって、でもわざとらしくなく、まさしくファンタジーでした。最後の小兎丸で終わるあたり、頼朝が挙兵する時の爽やかな風を吹かせてくれた感じで、気持ちがよかったです。

  • レベル999のgoo部屋
    2012年12月24日 7:31 AM

    平清盛 第50回(最終回)遊びをせんとや生まれけむ

    『遊びをせんとや生まれけむ

    内容
    治承5年1月。清盛(松山ケンイチ)は、熱病にうなされていた。
    やがて清盛は“わが墓前に、頼朝が首を供えよ”と残し。。。

    それから4年後、平…

  • BROOK
    2012年12月24日 6:42 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >阿部寛さんが演じていた、武力に長けた知盛くん。

    私も思わず阿部さんの姿が脳裏に甦りました。
    小柳さん演じる知盛も良かったですよね。
    迫力ある演技をしていたと思います。

    全体を通して、かなり異色だったことはたしか…
    低視聴率ばかりが騒がれていましたが、
    識者からの評判も良く、某歌舞伎役者も褒めていましたね。
    後々に評価される作品だと信じたいです。

    では、1年間お付き合いくださり、ありがとうございました。
    一応来年の大河ドラマもレビューしていく予定でいます。
    幕末ものが好きなもので…♪
    ただちょっとオダギリさんは苦手かも…。

  • 日々“是”精進! ver.F
    2012年12月24日 5:58 AM

    大河ドラマ「平清盛」最終回

    海の底の、都へ…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212230003/

    平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-10-31売り上げランキ…

  • なぎさ美緒
    2012年12月24日 5:38 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    1年間通してみて、初めて分かる、繋がる・・・そんな大河でした。
    まさに人の一生だったのではないかなぁと、清盛と、平家と同じように時を過ごしてきた感覚です。
    お涙頂戴でない死の演出。
    その意味の深さとインパクト。
    印象的シーンが本当多くて、鮮明に残されてます。

    外野はやれ視聴率が悪いだなんだと色々言いますけど、これほど見終わってからの充実感がすごい大河も久しぶりだったなぁと。

    これは視聴し続けた人なら誰もが「今年の大河は面白かった」というんだろうなと。
    なんか勝ち組み的なノリですけど、それでいいんじゃないかなぁと思いました。

    最後まで意思を貫いてくれたスタッフとキャストの皆さんに本当拍手です!!

  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
    2012年12月24日 5:31 AM

    大河ドラマ「平清盛」 第50話(最終回)…

    平家は常に一蓮托生-----–!!ついに今年の大河も最終回。総括は最後に。生霊となってまで、西行の元に現れた清盛。それで清盛の死期を悟った西行。だが、再び福原に都をと考える清…

  • またり、すばるくん。
    2012年12月24日 12:52 AM

    大河ドラマ「平清盛」最終話

    最終回「遊びをせんとや生まれけむ」   

  • Largo
    2012年12月24日 12:47 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    終わってしまいましたね~・・・
    色んな感慨が浮かんで、何から感想を書いたらいいかわからない状態です。
    >過去の人が作った時代は、ずっと今も続いていて滅ぶことは永遠にないのだという事。
    ええ、歴史上の出来事を張り合わせた大河ではありませんでした。
    歴史は人が作っていくんだ、ということを実感させてくれた大河だったと思います。
    >予告の映像も迫力と臨場感があって美しかったし…。
    迫力がありましたね(^^
    キャストは魅力的なのですが、女性が主人公の大河とは相性が悪いので微妙だったんです。
    でも予告映像でモチベーションが上がりました。第1話は必ず見ます。

  • 昼寝の時間@R
    2012年12月24日 12:47 AM

    平清盛 最終話「遊びをせんとや生まれけむ」

    鎌倉にて。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-3746.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204809/56380585…

  • センゴク雑記
    2012年12月24日 12:20 AM

    「平清盛」 最終回、遊びをせんとや生まれけむ

    大河ドラマ「平清盛」。最終回、遊びをせんとや生まれけむ。
    ついに、最終回。清盛の死とその後です。

    視聴率は過去最低と、そればかりが話題になっていましたが、
    内容は近年の