【それでも、生きてゆく】第5話

耕平は思っていた。

自分は、母に失った幸せを与えたのだと。

結婚して、養子に入り、嫁を孫を作って
母に再び「家族」を与えたと。


しかし、母は何も取り戻してはいなかった。

母は生きていなかった。



15年ぶりに家に帰りました。
私たち家族が暮らしてた家です。

12時半になるのを待って出発しました。
あの日の亜季と同じ時間に同じ道行くことにしました。

小学校のチャイムの音が聞こえてきました。
亜季の友達はみんなどうしてるのかな?
もう亜季のこと忘れちゃったかな?
怖い思い出なのかな?

そんなこと思いながら橋渡ると、角にクリーニング屋さんがあって
道が2つに分かれてます。
あの日亜季が行こうとしてた…公園はそのどっちからでも行けて。

元々、亜季はお地蔵さんのある道を通ってたんですけど、
あの日は郵便ポストの道を行きました。
「お地蔵さんの道は車が多いから郵便ポストの道を通りなさい」
って私が、私が教えたからです。

亜季は、その道の途中で、金づちを持った少年に会いました。

大きな木蓮の木が立っていて、ヒグラシが 鳴いてました。

そこに 私の何か。
何か…。
何か、人生の大きな落とし穴が見えました。

あれから15年たって、今の私は人から見たらずいぶんと落ち着いてるように
見えるかもしれません。でも、ホントは 違うんです。


私、みんな私と同じ目に遭えばいいのに、と思ってずっと生きてきました。

優しくされると「あなたに 何が分かるの?」って思いました。

子供連れた母親見ると疎ましく思いました。

「前向きに生きよう」って言われると死にたくなりました。

ごめんなさい。私は ずっと そういう人間です。
人、愛そう。 前向きなろう。
そう思った5分後に「みんな死ねばいいのに」と思ってました。

母親から子供取ったら母親じゃなくなるんじゃなくて、
人じゃなくなるのかも知れません。

森の中歩きながら「今日私は、このまま死ぬんだろう」って人ごとみたいに思ってました。

森の向こうで地面が青く光ってるのが見えて、ああ、あれか。
あれか。 あそこで。
あそこで亜季は…って思ったら、私走りだしてました。

あー、ごめんね亜季。
ごめんね 亜季。
ずっと来なくてごめんね。

待ってたね。
ずっと、たくさん待ってたねって。

そこで亜季の夢見たら消えていこうって思いました。

でも夢に出てきたのはあの少年でした。

私「亜季が何したの?」
「亜季がね。亜季がどんな悪いことしたの?」って聞いたけど
少年は何も答えてくれなくて、ただ私を見返してました。

そのとき気付きました。
ああ。この子…。
この子と私、同じ人間だって。

人、やめてしまった人だって。

ああ。 目 覚まさなくちゃ、って思いました。
このまま死んだら亜季が悲しむ。亜季に嫌われる。
そう思えたら、初めて生きようかなって思いました。

亜季の分まで生きようかなって。

目、覚ますと、湖の水で何度も何度も顔洗いました。

昔、亜季が殺された時、色んな人が色んなこと言いました。

時代のこととか、教育のこととか、何か、少年の心の闇だとか少年法だとか。
理由を解明すべきだとか言って、色んなことを言いました。

何を言っても今さら時間は戻らないって言いました。

私、何言ってるか分かりませんでした。
分からないから。何だかよく分からないから私が。

私がほっといたから亜季は。
亜季は死んだんだって思うようにしました。

私が、道、変えたから、私がスカート履かせたから亜季は死んだんだって。

そうやって少年のことは考えずにきました。
だけど。 だけど…。

そうじゃないの。そうじゃないの。

私は、誰かじゃないから。
私は、 私は、新聞の記者の人じゃないから。
私は偉い大学の先生じゃないから。

私は、ただの母親だから。理由なんかどうでもいいの。

私は、私は、ただのお母さんだから。私が言いたいことは一つしかないの。
私が言いたいことは、ずっと一つしかないの。ないの。

あ… 亜季を返してって。

亜季を返してって。

亜季を返せって。

私が言いたいことは一つしかなかったの。

私、あの少年に会いに行きます。

会って、亜季、返してもらいます。



あの家に、兄の元に・・・
過去へ帰ると言う母に

耕平は何も言う事は出来なかった。


    line    line


親だからか、どうしても親目線で見てしまう。
だから、洋貴と双葉の恋を応援するような目線では見れないのである。

まさに、五月が言う通り、

どうして妹さんを殺した犯人の家族なんかと一緒にいるんですか?

と私も思っている。

どうして、一緒にご飯なんか食べているんですか?
どうして笑ってるんですか?どうして手なんか握ってるんですか?


こういう事に「前向き」とか、癒される日とか、そういうのないと思うから。


私、みんな私と同じ目に遭えばいいのに、と思ってずっと生きてきました。


響子のこういう気持ちを悪魔のようだと、後ろ向きだと、邪悪だと・・・

そんな風に思いますか?


私は、それが当たり前だと思う。

二度と取り戻せないほど大きな物を失った人間の気持ちは、
失った者にしか解らない。きっと。


母親から子供取ったら母親じゃなくなるんじゃなくて、
人じゃなくなるのかも知れません。



大竹しのぶが・・・もう凄くて。
響子がとりついたように凄くて。

寂しくて悲しくて、涙も出なかった・・・



母さんは幸せなんだよ!

と叫ぶ弟・耕平の気持ちが痛かった。


きっと、この人だって気付いていたはずだ。


それでも・・・嘘でも母の幸せを築いてあげたかっただろうから。


祖母の枕元の金魚。

施設に現われた文哉。


双葉。

お兄ちゃんと一緒に行こうか。



どこへ。

たぶん、夜へ。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村



※キャスト

深見 洋貴 – 瑛太
遠山(三崎)双葉 – 満島ひかり

日垣(深見)耕平 – 田中圭
雨宮 健二(三崎文哉) – 風間俊介
草間 真岐 – 佐藤江梨子
遠山(三崎)灯里 – 福田麻由子
日垣 由佳 – 村川絵梨
藤村 五月 – 倉科カナ
臼井 紗歩 – 安藤サクラ

深見 達彦 – 柄本明
日垣 誠次 – 段田安則
草間 五郎 – 小野武彦
遠山(三崎)隆美 – 風吹ジュン
三崎 駿輔 – 時任三郎
野本(深見)響子 – 大竹しのぶ



※コメントレスが飛びとびに行われていますが意図はございません。レスし切れず、すいません~
ちなみに、このドラマのコメントに関して「殺人」とか「殺す」とかはFC2の方でハネられますので
ご注意くださいませ






※「Twitter」ID「kukucoo」です。
大量ドラマツィートに耐えられる方はフォローよろしくお願いします~



【FC2にトラバが飛ばないサイトさまリンク】(お申し出ください)
「まあ、お茶でも」さん


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

15件のコメント

  • だらだらぐーたらぐだぐだ日記
    2011年8月9日 5:45 AM

    それでも、生きてゆく【第5回】フジ木10

    居場所を求めて… 

    「お話したいことがります。亜季のところよ。亜季が、死んだところに行ってきました。亜季が、殺されたところに行ってきました。15年ぶりに、家に帰りました。私たち、家族が、暮らしていた、家です。12時半になるのを待って、出発しました。あの日の…

  • レベル999のFC2部屋
    2011年8月5日 10:23 PM

    それでも、生きてゆく 第5話

    『居場所を求めて…』

    内容
    文哉(風間俊介)の消息を追い始めた洋貴(瑛太)は、
    先日知り合った藤村五月(倉科カナ)の協力で、
    医療少年院時代の担当看護師・東雪恵が姿を消したと知る。
    “まさか”を…

  • 今日も何かあたらしいドラマ
    2011年8月5日 4:42 PM

    【それでも、生きてゆく】第5話 大竹しのぶさんの鬼気迫る独白

    【それでも、生きてゆく】第5話、大竹しのぶさんの長い長い独白に引き込まれ、涙も出ない。

    恨み、憎しみ、怒りで真っ黒で、人でなく鬼のようになった心の底を、問わず語りに暴きだす。

    絞り出すような…

  • ドラマハンティングP2G
    2011年8月5日 4:26 PM

    それでも、生きてゆく 第5話

    「居場所を求めて…」 深見洋貴(瑛太)は釣り船屋『ふかみ』で、藤村五月(倉科カナ)に医療少年院で三崎文哉(雨宮健二)(風間俊介)の担当看護師だった東雪恵が行方不明になっていることを話す。事件性を疑う洋貴に、五月は文哉探しの協力を申し出た。そこに、遠山(…

  • まこ
    2011年8月5日 3:59 PM

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    今回は大竹さんの演技にただただ魅入られた回でしたわー。
    被害者の母である響子の、あの真に迫った告白を知ってしまった以上、
    双葉が今後何を言っても綺麗事にしか見えないよなぁ~と・・・

    >母親から子供取ったら母親じゃなくなるんじゃなくて、
    >人じゃなくなるのかも知れません

    このセリフも説得力があって凄かった・・・
    子供の為なら、鬼にも蛇にもなれるのが母親だもんね。
    洋貴との同居が始まり、今後は今まで以上に大竹さんの
    出番が増えるかと思うと、それだけでゾクゾクしますわ~♪

  • トリ猫家族
    2011年8月5日 3:30 PM

    「それでも、生きていく」 第5話 居場所を求めて・・・

     「私が言いたいことはひとつしかないの。
    あたしが言いたいことは・・・ず~っと、ひとつしかないの・・・
    亜季を返してって。亜季を返してって・・・亜季を返してって・・・

  • きこり
    2011年8月5日 3:29 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ホント、今回は大竹しのぶさんが全部もってったよね。
    だって、すごいんだも。
    さすが大竹しのぶだよ。
    このドラマは役者さんの魅力でみせてるもんね。
    双葉は許されるとか洋貴といい感じになりたいと思ってるのかどうかわからんけど、
    孤独ゆえに、この新しい関係に夢中になってしまってるんだと思う。
    これからどうなっていくんだろうねぇ・・・

  • あるがまま・・・
    2011年8月5日 3:27 PM

    それでも、生きてゆく 第5話:居場所を求めて…

    どこ行くのっ!?ヾ(`Д´*)オーーーイッッ!!☆
    てか、文哉ったら久しぶりに双葉に会ったのに、何なの、あの冷静さはっ!
    まるでこうなる事を予測してたかのように普通に会話て・・・
    しかも、つい最近、双葉が自分達が父の連れ子って事を知って落ち込んでるのを
    知って…

  • 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星)
    2011年8月5日 11:36 AM

    それでも、生きてゆく 第5話~満島&瑛太ワールド、大竹ワールドにハマる。

    それでも、生きてゆく 第5話
    ドラマ全体の流れは面倒くさいけど、”満島ひかり”と”瑛太”の会話が醸し出す不思議な魅力にハマっています。

    なかでも、”満島ひかり”という女優さんの、可愛いだけじゃない魅力・・・エネルギーとか、生気とか、なんか表現しがたい…

  • 平成エンタメ研究所
    2011年8月5日 9:59 AM

    それでも、生きていく~会話、弾んじゃってる感じですよね

     響子(大竹しのぶ)の10分にわたる長ぜりふ。
     「幸せそうな母と子を見ると消えてなくなってしまえと思った」
     「前向きに生きようと語りかける人に憎しみを感じた」
     「母親が子を奪われるということは、人でなくなるということ」
     壮絶な告白。
     <憎しみ><怒…

  • Happy☆Lucky
    2011年8月5日 7:52 AM

    それでも、生きてゆく 第5話「居場所を求めて…」

    第5話「居場所を求めて…」

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

  • 渡る世間は愚痴ばかり
    2011年8月5日 7:27 AM

    それでも、生きてゆく 第5話

    双葉は自分と兄が
    父の連れ子で、今の母親とは血が繋がっていない事を知った

  • mirukyi
    2011年8月5日 6:44 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    大竹しのぶさんの 演技力に吸い込まれてしまいました。
    でも やっと本当の気持ちを言えましたね。

    >私、みんな私と同じ目に遭えばいいのに、と思ってずっと生きてきました。

    そう思わないと 立ってられないほどだったんだと思います。
    心がもう叫べないほど 傷ついた人にしかわからない闇の気持ち
    同じくらい 心が張り裂けた人にしかわからないのかも。

    >どうして妹さんを殺した犯人の家族なんかと一緒にいるんですか?

    洋貴が自分の息子で 双葉と一緒にいたりしたら
    私は どんな行動をとるだろう。
    絶対に 2人の交際なんて考えられない。

    家族は関係ないって そんな風には思えない。絶対に、、、

  • NelsonTouchBlog
    2011年8月5日 4:21 AM

    それでも、生きていく五話感想

    この回最後の大竹しのぶの台詞が、混じり気ない被害者家族としての本音だろうな・・という凄みのあるいいシーンでした。あそこまできっちり台詞に心の闇が根ざしてしまったことを盛り込んでいたことに、よく作りこんだなと。
    娘を殺されてから、周りのすべてを恨んで自分…

  • ぐ~たらにっき
    2011年8月5日 1:28 AM

    それでも、生きてゆく #05

    『居場所を求めて…』