【坂の上の雲】第8話

またも八代に見合いを企まれ、華族の令嬢が集まる自転車レースに連れて行かれた真之は、そこで稲生季子に再会する。


わしは軍人です。
戦場に行ったらどうなるか解らん。



と言う真之に、季子は


もしもそうなっても大丈夫です。
これからのレディは自立していかなくてはならないと教わってきました。

看護婦になって戦争に行く人を助け、子らを立派に育てて見せます。



と微笑んだ。


わしはこれからの戦に備えて少し昼寝をしようと思うとる。
付きおうてもらえないだろうか。



これがプロポーズになった。

明治36年7月。

36歳の真之は季子と結婚した。


清国から戻り、騎兵第一旅団長となっていた好古は、ロシア陸軍の演習に招待され、ロシアに渡る。

そこで見た騎兵隊は凄かった。

このような敵とまみえるには、日本陸軍の三分の一は死なねばならない

と、好古は思った。

一方、海軍大臣の山本権兵衛は、東郷平八郎を連合艦隊司令長官に任命。

真之は、東郷から呼び出される。


よか指揮官とは何か、答えは見つかりもうしたか。

ずっと探し続けております。


真之はその場で作戦参謀に任じられ、艦隊が集結する佐世保に向かうよう命令を受ける。


真之の出立前、秋山家では全員が揃った。



季子さんのことは任せて、心置きなく行っておいで。


と言う母。
母は年で、もうほとんど寝たきりの状態になっていた。

好古は真之に一筆書いて、お守りとして持って行けと言う。
そこには、こう記されていた。


這回の役、一家全滅すとも怨みなし


ロシアと対戦する好古の覚悟であった。

真之は家族を見渡した。



何が書いてあるのか言っておくれ。


と言う母に真之は笑って答えた。
本当の事はとても言えなかった。



いつもの兄さんの口癖じゃ。

単純明快であれと言うことじゃ。



 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ついに季子と真之が結婚。

ああ言う、ホワッとした優しい雰囲気なのに芯が一本通っているような女性は男子にとっては理想でしょうね。

当時の軍人さんにとっては、側に居て欲しい存在である事がよく解ります。

律が訪ねてきて、どうなることかと思ったけれども、優しくて可愛い季子に律も惹かれたよう。
この先も仲良く付き合いが続くみたいでホッとしました。

戦争を避けたい明治天皇の意志に反して、日本もロシアも戦争に向かっていく。

時代は緊迫した様子に変わっていきます。


あのニコライ2世の幸せそうな一家もね。。。
あの可愛い皇女たちも。。。

この後起きる悲劇を思うと、何か涙が出る。。。

時代は混沌として来るのでした。

そんな時代だからこそ、手腕を発揮した人々がいる。


次で今年の分は最終回ですかね。
秋山家の歴史に注目して見たいです。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
にほんブログ村  


【キャスト】

秋山真之 … 本木雅弘
秋山好古 … 阿部 寛
正岡子規 … 香川照之
正岡 律 … 菅野美穂

秋山久敬 … 伊東四朗
秋山 貞 … 竹下景子

秋山多美 … 松たか子

八代六郎 … 片岡鶴太郎
夏目漱石 … 小澤征悦
高橋是清 … 西田敏行

伊藤博文 … 加藤 剛
児玉源太郎 … 高橋英樹
東郷平八郎…渡哲也












この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • くうふう3
    2010年12月19日 11:49 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >久しぶりに見た坂の上~はやっぱり面白いです!!

    ですよね~^^

    このグレードの高さ。。。予算が足らないから3年に渡ってしまったと言うのが

    よく解りますわ~。

    >これが今回一番安心しました。

    >いい関係が築けてよかったなぁと。

    季子さんって実に甘え上手って言うか。。。良い子ですよね^^

    律さんもサッパリした良い人だし。

    >それにしても、歴史の裏でのやり取りも丁寧に説明してくれて、こういうことがあったんだというのがとても分かりやすくなってましたよね。

    そうなんですよね。あたし、近代史に弱いので、とっても助かります^^;

    謙さんのナレーションも心地よいし、ずっと聞いていたいです~(*^^*)

  • くうふう3
    2010年12月19日 11:45 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >騎兵部隊の好古も、連合艦隊の真之も、そして広瀬もまた、おのおのの持ち場で大きな責任と悲壮な運命に立ち向かうその重みが感じられる回でした。

    そうですね~。。。動き出しましたね。

    広瀬がね~。。。何とも切ないですよね。

    やはり歴史物ですから秋山兄弟のことは、何となく安心して

    見れちゃうんですよね^^;

    >でも、今年最後の放送では、はやくも泣いてしまいそうです。

    来週は泣けますよ~。

    そして、また来年、なんですよね。早いです。

  • なぎさ美緒
    2010年12月19日 10:43 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    久しぶりに見た坂の上~はやっぱり面白いです!!

    ・・・といっても、まだ全部視聴が追いついてなくて、楽しみは先延ばし状態なんですが(^^;)

    >この先も仲良く付き合いが続くみたいでホッとしました。

    これが今回一番安心しました。

    いい関係が築けてよかったなぁと。

    それにしても、歴史の裏でのやり取りも丁寧に説明してくれて、こういうことがあったんだというのがとても分かりやすくなってましたよね。

    久しぶりにこのドラマに触れて、質の良さを実感しました。

    でも、もう次回で終わりなんですね~(><)

    あっという間すぎてなんだか勿体無いです~!!

  • ふるゆき
    2010年12月19日 10:33 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    動き出しましたね。

    騎兵部隊の好古も、連合艦隊の真之も、そして広瀬もまた、おのおのの持ち場で大きな責任と悲壮な運命に立ち向かうその重みが感じられる回でした。

    でも、今年最後の放送では、はやくも泣いてしまいそうです。

  • くうふう3
    2010年12月15日 12:24 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >もっと修羅場になるかと思いましたが、

    >律は律で大人な対応でしたね。

    >季子とも“合う”ようで♪

    季子も甘えるのが上手だし、律も素直な季子に惹かれたんでしょうね^^

    この2人が友達になってくれれば真之もひと安心ですよね。

    >次回は第二部の完結です。

    >「広瀬、死す」・・・

    >誰かが死ぬ展開はやはり悲しいです。

    この時代だから仕方ないと言えば仕方ないんですけどね。。。

    壮絶な最期が予想されますね(ノ_-。)

  • BROOK
    2010年12月14日 7:30 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >律が訪ねてきて、どうなることかと思ったけれども、

    もっと修羅場になるかと思いましたが、

    律は律で大人な対応でしたね。

    季子とも“合う”ようで♪

    次回は第二部の完結です。

    「広瀬、死す」・・・

    誰かが死ぬ展開はやはり悲しいです。